このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト 第23回

「VAIO Z」夏モデルのゲーム性能に迫る!

2012年09月10日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHDの大画面でゲームを楽しめるのか検証!

 高品質なゲームは、できるだけ大きな画面で楽しみたいもの。そこでVAIO Zを外部ディスプレーに接続し、先ほどのゲーム系ベンチマークを1920×1080ドットで実行した。このテストでも本体のみの場合とPower Media Dock接続時の2種類のテストを行なっている。

 「モンスターハンターフロンティアオンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】」では、本体のみで「1377」、Power Media Dock接続時で「2329」という結果に。快適に遊べる目安が「1500」以上なので、大画面で遊ぶ場合はPower Media Dockを接続してプレーしたほうがいいだろう。

VAIO Z本体のみのベンチマーク結果。表示されている解像度は1280×720なのは、テスト終了後にウィンドウモードに変更したため

Power Media Dock接続時の結果

 「ストリートファイターⅣベンチマーク」では、本体のみの場合で平均38.28FPSの「D」、Power Media Dock接続時で平均「57.94」FPSの「B」判定という結果となった。やはり本体のみで大画面でプレーするのは厳しい。

VAIO Z本体のみのベンチマーク結果

Power Media Dock接続時の結果

 「バイオハザード5ベンチマーク」と「ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク」では、Power Media Dockを接続してもスコアが低く、大画面でのプレーは厳しいと思われる。

VAIO Z本体のみの「バイオハザード5ベンチマーク」ベンチマーク結果。平均19.7fpsの「C」判定

Power Media Dock接続時の「バイオハザード5ベンチマーク」結果。平均29.6fpsの「C」判定

VAIO Z本体のみの「ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク」ベンチマーク結果。スコアは「629」で、公式には動作困難なスペック

Power Media Dock接続時の「ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク」結果。スコアは「1100」で、こちらも動作困難とされるレベル

 「PSO2キャラクタークリエイト体験版」では、簡易描画設定を「3」に設定した状態で、本体のみで「330」、Power Media Dock接続時で「776」という結果に。簡易描画設定を「1」に変更するとPower Media Dock接続時で「7460」という結果となるが、やはり高画質&高解像度でのプレーは厳しいだろう。ただし画質を落としてもゲームのおもしろさは損なわれないので、試してみる価値は十分ある。

VAIO Z本体のみのベンチマーク結果

Power Media Dock接続時の結果

 以上の結果から分かるとおり、比較的軽めの3DゲームならVAIO Zで問題なくプレーできる。より快適にプレーしたい場合は、Power Media Dockを活用するといいだろう。重めの最新ゲームでも、設定を調整することで快適に遊ぶことが可能だ。仕事の合間に、息抜きとしてゲームを楽しんでいただきたい。

主なスペック
製品名 VAIO Z
(グロッシープレミアムカーボン)
型番 SVZ1311AJ
店頭想定価格 10万9800円から(キャンペーン適用価格、9月3日現在)
CPU Intel Core i7-3612QM(2.1GHz)/3520M(2.9GHz)、Intel Core i5-3320M(2.6GHz)/3210M(2.5GHz)、Intel Core i3-3110M(2.4GHz)
チップセット Mobile Intel HM77 Express
メインメモリー 4/6/8GB(最大8GB)
ディスプレー
(最大解像度)
13.1型ワイド(1600×900ドット/LEDバックライト)、13.1型ワイド(1920×1080ドット/Adobe RGBカバー率96%/LEDバックライト)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)、別売Power Media Dock接続時AMD Radeon 7670M(1GB)
ストレージ 第3世代SSD RAID 128(64×2)/256(128×2)/512(256×2)GB
光学式ドライブ ―(別売Power Media Dock「VGP-PRZ20A/B」接続時Blu-ray Discドライブ、別売「VGP-PRZ20A/B」接続時DVDスーパーマルチドライブ)
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、WiMAXあり/なし、無線WAN(LTE)あり/なし
インターフェース USB 3.0端子、ドッキングステーション/USB端子(USB 3.0)、アナログRGB端子、HDMI端子、Bluetooth 4.0+HS。131万画素ウェブカメラあり/なし。Power Media Dock接続時は、USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、アナログRGB端子×2、HDMI端子×2
カードスロット メモリースティック Duoスロット、SD/SDHC/SDXC(UHS)メモリーカードスロット
テレビ機能
サウンド機能 内蔵ステレオスピーカー、内蔵デジタルマイク、デジタルノイズキャンセリング、Dolby Home Theater v4
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65〜24.75mm/約1.15kg(本体最軽量時)、別売Power Media Dock: 約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 約7.5〜約9.5時間(内蔵用)、約18時間(内蔵用+拡張用シートバッテリー)
OS Windows 7 Home Premium SP1/Professional SP1/Ultimate SP1(すべて64bit)
ソニーストア

ソニーストア

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画