このページの本文へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト 第23回

「VAIO Z」夏モデルのゲーム性能に迫る!

2012年09月10日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Power Media Dock搭載の外付けGPUで
3D描画性能が向上!

 VAIO Z用ドッキングステーション「Power Media Dcok」(VGP-PRZ20A/B)には、外付けGPUとして「AMD Radeon 7670M」(1GB)が搭載されている。Power Media DockをVAIO Z本体に接続することで、GPUがCPU内蔵の「Intel HD Graphics 4000」からAMD Radeon 7670Mに切り替わるのだ。

VAIO Z用ドッキングステーション「Power Media Dcok」(VGP-PRZ20A/B)。直販価格4万9800円

 これにより、VAIO Zの3D描画性能が大きくパワーアップし、比較的重めのゲームでも快適にプレーできるようになる。たとえば「モンスターハンターフロンティアオンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】」を1280×720ドットの解像度でテストしたところ、Power Media Dock接続時のスコアは非接続時に比べて52%向上した。

VAIO Z本体のみのベンチマーク結果

Power Media Dock接続時の結果。ここまで数値が変化すると、実際にゲームで遊んだ際の印象も大きく変わってくるはずだ

 ちなみに「モンスターハンターフロンティアオンライン」を快適に遊ぶには1500以上のスコアが必要されているため、Power Media Dock接続時/非接続時のどちらでも問題なくプレーできる。だが、Power Media Dockを接続した状態なら、より高い解像度や高画質な画面でプレー可能だ。

ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画