このページの本文へ

Corsair「CSSD-N120GBGTX-BK」、「CSSD-N240GBGTX-BK」、「SSD-N240GB3-BK」、「SSD-N240GB3-BK」

LAMD製コントローラー採用新型SSDが今週末発売、予約受付中

2012年09月05日 22時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 激化の一途をたどるSSD市場だが、久々に新型コントローラーを採用する製品が登場する。Corsair製の「Neutron GTX」シリーズと「Neutron」シリーズだ。

コントローラーに新登場のLink_A_Media Devices製「LM87800」を採用するSerial ATA対応の2.5インチSSDが、Corsairから登場予定

 どちらのシリーズもコントローラーに、新登場のLink_A_Media Devices(以下:LAMD)製「LM87800」を採用するSerial ATA対応の2.5インチSSD。先進のNANDマネジメント技術「E-boost technology」を搭載し、NANDマネジメント技術「Wear levelingとGarbage Collection」によりパフォーマンスの低下を抑制し、優れた高速アクセス性能を発揮するとしている。
 なお、LAMD社はエンタープライズ向けデータストレージにおけるシステムオンチップ開発のリーディングカンパニー。今年開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2012で、初お披露目がされている。

Micron製NANDフラッシュ採用の「Neutron」シリーズはコストパフォーマンス重視のモデルとなる
24nm東芝製Toggle NANDフラッシュ採用の上位モデル「Neutron GTX」シリーズ

 どちらも容量は120GBと240GBの2モデル。ラインナップは24nm東芝製Toggle NANDフラッシュ採用の「Neutron GTX」シリーズと、Micron製NANDフラッシュ採用の「Neutron」シリーズの2種類。各製品のスペックは以下のとおり。

スペック
  「Neutron GTX」シリーズ 「Neutron」シリーズ
型番 「CSSD-N120GBGTX-BK」 「CSSD-N240GBGTX-BK」 「SSD-N120GB3-BK」 「SSD-N240GB3-BK」
容量 120GB 240GB 120GB 240GB
シーケンシャル読み込み 555MB/sec 555MB/sec 555MB/sec 555MB/sec
シーケンシャル書き込み 511MB/sec 333MB/sec 370MB/sec 211MB/sec
4Kランダム読み込み 9万IOPS 9万IOPS 9万IOPS 9万IOPS
4Kランダム書き込み 8万5000IOPS 8万IOPS 8万5000IOPS 8万IOPS

 今日から予約受け付けを開始したPC DIY SHOP FreeTによると、発売は8日の予定。予価は「CSSD-N120GBGTX-BK」が1万3980円、「CSSD-N240GBGTX-BK」が2万4800円、「SSD-N240GB3-BK」が9980円、「SSD-N240GB3-BK」が1万9800円。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中