このページの本文へ

HDMI端子直差しのAndroid端末がアップデート

2012年08月31日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USBメモリーライクなAndroid端末「GV15」が三月兎2号店、SOUTHTOWN437に入荷している。ノーブランド扱いの製品で、価格は両店ともに8500円だ。

まるで見た目はUSBメモリーなAndroid端末に新モデル登場。日本語やGoogle Playにも対応するため、案外普通に使えてしまう

 以前ご紹介した「C77 Smart Android 4.0」とほぼ同サイズのAndroid端末がアキバ店頭にやってきた。先端のHDMI端子をテレビやディスプレーに直挿しするタイプの端末で、スペックがやや向上したせいか筺体には放熱用のスリットが複数入れられている。さらに本体にmicroSDスロットを搭載し、外部ストレージに対応した点も見逃せない。

 また、販売する三月兎2号店によれば、「出荷時点からルート化されていた」とのこと。玄人向けのカスタム端末としても気になる存在といえそうだ。

以前発売された同タイプのモデルと大きさはほぼ同じ。新たにmicroSDスロットが追加されたほか、発熱が上昇したのか放熱用のスリットが設けられている

 ノーブランド扱いとあってスペックには不明な点が多いものの、ショップによればCPUはTelechips「TCC8925 1.2GHz」で、メモリーは512MB、ストレージ容量は4GB。搭載OSはAndroid 4.0で、Google Playにも対応している。

 本体サイズは幅32×奥行き89×高さ18mmで、重量は38g。バッテリーは非搭載で、USB給電によるバスパワー駆動。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応するほか、本体側面にはmicroSDスロット、給電用のmicroUSBポート、ホスト対応のUSB(Aタイプ)ポートを搭載する。

レイアウトはおなじみ、先端にHDMI端子と反対側に入力デバイスなどを接続できるUSBポートを搭載するというもの。パッケージには便利な30cmのHDMI延長ケーブルも同梱されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン