このページの本文へ

「Nytro MegaRAIDカード」

LSI、大容量フラッシュ搭載の「Nytro MegaRAIDカード」

2012年08月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月30日、米LSI Corporation(日本法人はLSIロジック)は6GbpsのSAS/SATAに対応するPCIe 3.0接続のRAIDインターフェイスカード「Nytro MegaRAIDカード」を発表した。

PCIe 3.0接続のRAIDインターフェイス「Nytro MegaRAIDカード」

 PCIeフラッシュテクノロジーとインテリジェントなキャッシングソフトウェア、最先端のLSIデュアルコア「RAID-on-Chip」テクノロジーをベースとしており、RAIDデータ保護機能を独自に統合化したエンタープライズ向けの製品となっている。

 本製品は、アプリケーションによって頻繁にアクセスされるデータを特定し、内蔵フラッシュストレージとHDDとの間でデータを自動的に移動させることで、高いパフォーマンスと大容量に対応。結果としてギガバイトあたりのコストとトランザクションあたりコストの両方を削減するという。

 また、レイテンシを最大47分の1に短縮し、高速アプリケーションのレスポンス・タイムを向上。さらに、最高レベルのデータ保護や管理オーバーヘッドの低減とTCOの大幅な節減も実現するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ