このページの本文へ

東芝に続いてついにソニーも! 4K2K BRAVIA年内投入

2012年08月30日 19時14分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4K2K BRAVIA
4K2K BRAVIA

 ソニーは4K2K(3840×2160ドット)表示に対応した液晶テレビ「BRAVIA」をワールドワイドで年内から順次投入すると発表した。

 国内ではすでに東芝が「4K2K REGZA」を製品化しているが、画面サイズは55V型。今回ソニーが発表したBRAVIAは84V型と、液晶テレビとしては最大級の画面サイズとなる。

 画像処理エンジンは「4K X-Reality PRO」を採用。SDやHDの映像ソースを超解像技術により4K2Kで出力する。また、パッシブ方式の3D表示にも対応しており、フルHDの3D映像を3840×1080ドットで表示できる。

 また、プレイステーション3用の写真管理ソフト「PlayMemories Studio」も4K2Kの静止画出力に対応する新バージョンを今年度中に用意する予定。ちなみに、同社は4K2Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」ユーザー向けに、4K2K静止画出力ソフト「PlayMemories 4K edition」をすでに提供している。

 10個のスピーカーユニットで構成される3Way(50W)サウンドシステムは、バーチャル5.1chサラウンド出力が可能。

 そのほか、ネットワーク機能である「SEN」(Sony Entertainment Network)にも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン