このページの本文へ

デザイン一新、表示も改善された新Sony Reader発表

2012年09月03日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デザインを一新した新「Reader」(PRS-T2)。本体色は3色で、左からホワイト、ブラック、レッド。

 ソニーは3日、携帯型の電子書籍端末「Reader」シリーズの新製品「PRS-T2」を発表した。6型サイズの電子ペーパーをディスプレーに採用し、無線LAN通信機能を内蔵する。価格は9980円で、発売日は9月21日の予定。3色のカラーバリエーションが用意される。

 新しいPRS-T2は、1年ほど前に発表された「PRS-T1」の後継となる製品で、6型電子ペーパーをディスプレーに採用し、無線LAN機能内蔵といった基本要素は継承しつつ、読みやすさや操作性に改良を加えた製品である。PRS-T1では、ディスプレーの下部に小さなアイコンが並び、その下に横長のハードウェアボタンが配置されるデザインだった。PRS-T2ではディスプレーの下部に並ぶ大きめのアイコン自体がボタンになっており、操作しやすくなっているという。

画面下に並ぶアイコン自体がボタンとなっている

 また、電子ペーパーをディスプレーに採用する電子書籍端末の場合、ページ送りをすると1~数回おきに画面全体が白黒反転する現象が起こる。PRS-T2ではこの現象を、ページ送り15回に1回程度まで軽減することで、より紙に近い体験を実現しているという。

 そのほかにも、アプリケーション一覧のデザインをタッチ操作しやすい大きなタイル配列に変更するなど、ユーザーインターフェース面での改良も施されている。また、Evernoteにクリップしたウェブページを、クラウド経由で転送して読むEvernote連携機能や、読んでいる書籍から気に入った文章や書籍情報をFacebookに投稿する機能など、ソーシャル連携機能も搭載されている。

搭載アプリケーション一覧は、大きなタイル上のデザインになり選択しやすく書籍のテキストを選んで、FacebookやEvernoteに投稿する機能も搭載

 本体サイズは幅110×奥行き173×高さ9.1mm。重さは164gと、競合製品である「kobo Touch」よりも17gほど軽くなっている。バッテリー駆動時間は約2ヵ月。専用オプションとして、ブックカバー(PRSA-SC22)とライト付きブックカバー(PRSA-CL22)も発売される。

 なお、3G通信機能を搭載する上位モデル「PRS-G1」は継続販売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン