このページの本文へ

自宅滞留10日間を想定、ディノスが防災セット発売

2012年08月28日 00時39分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ディノスは8月27日、新たな視点で企画した防災用の新商品、自宅待機用防災セット 「10days+(テンデイズプラス)」の先行販売をディノスオンラインショップで開始した。

 「10days+」は、大規模災害が発生し電気・水道・ガスなどのライフラインがストップしたときに、支援物資が届くまでに必要と言われる“10日間を自宅滞留”することを想定したセット。10日間分の明かりや情報、通信手段の確保に加え、危機管理アドバイザーで危機管理教育研究所・代表の国崎信江さんのアドバイスを参考に、トイレや身体の衛生などのメンタル面を考慮した商品構成となっている。

 商品内容は、「ランタンにも懐中電灯にもなるLEDライト」「10日間以上連続で使えるFM/AMラジオ」「 乾電池式の携帯充電器」「長期保存に強く最大8倍使えるリチウム乾電池 単3×4、単4×4」「手回し充電式ラジオライト(携帯充電付き)「トイレの凝固・消臭剤60回分」「折りたたみ式20Lポリタンク(蛇口付き)」「水のいらない全身使えるシャンプー」「 5年保存 体ふきタオル 24枚」で、価格は2万4800円(税込)。

 ■「10days+」(http://www.dinos.co.jp/p/N000392393/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く