このページの本文へ

鈴鹿サーキット「Pokka 1000km」流し撮り講座【前編】

高速レースカーを流し撮り! 鈴鹿西コース撮影スポット&テク編

2012年08月28日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ようやくヘアピンの撮影ポイントを解説!

 ヘアピン。立体交差を越えて、110Rを抜けた先にあるコーナーで文字通りヘアピン形状をしている。突っ込み直前にはもっとも速度が落ちるため、とても撮影しやすいポイントだ。また、フェンスも低めなので、車両を横から前から後ろからと好きに撮影しやすい。まずはヘアピンの進入から見ていこう。

ヘアピンの撮影ポイント。他にも多数あるが、初めての流し撮りやちょっと慣れてきた人向けの場所を選んでいる。画像上の合い判は下記小見出しとリンクしている

1、ヘアピン進入時

 木で遠くから車両は見えないのだが、エンジン音で「近づいてきたなぁ」のタイミングくらいで急減速するため、見てからでも追いかけられる。ここではサイドショットとバックショットがオススメ。またフォーミュラ・ニッポン、F1ではバックファイヤを狙いやすい場所でもある。

だいたい写真周辺。車両の真横やバックショットを狙うにちょうどいい。右写真は110R側で、見てわかる通り、少し斜面を下ると車両の接近を遠くから確認できなくなる。見える位置でどういったブレーキングをするのかを把握するのもいい
フェンス前は人気スポット。あまり空きはできないので、数枚撮るくらいなら、ちょっと声を掛けて撮らせてもらおうサイドショットを撮る前にセーフティーカーが入ってきたので撤収したのだが、ググっと寄れるため、バックショットを狙いやすい。250mm 1/4000 f5.6 0.0EV ISO100
寄っていると車両の一部分だけしか入らないこともあるが、そういったカットでも気に入るのが出てくるはず。280mm 1/2500 f5.6 0.0EV ISO100向かいにある観客席をいれて流してみるのもいい。とくにF1時は人も多く、フラッグもあったりで背景が賑やかになる。100mm 1/160 f10 0.0EV ISO100
急減速を横からはかなり難しいので、立ち上がりを狙うとすんなりと撮れるハズ。280mm 1/160 f13 0.0EV ISO100

2、ヘアピン中腹部

 フェンス前まで降りる階段のラインがオススメで、最上段から撮ってもいいし、フェンス前から撮影してもいい。真正面カットや大きく寄って車両の前半分だけを横から狙うといった場合にオススメ。

階段の最上段からの長め。300mm以上あれば、最上段から正面、サイド、バックを狙えるデグナーカーブを抜けて立体交差、110Rと進む車両も見られるので、疲れたら眺めているのもいい
110Rで撮ることはあまりないが、数台が接近しているときは狙ってみるのもいい。280mm 1/1600 f13 0.7EV ISO200ヘアピン進入手前も狙いどころ。けっこうかっこいい角度になってくれる。280mm 1/160 f18 -1.0EV ISO100
アップショットも狙いやすいが、フェンスがあるので入らない位置を見つけよう。280mm 1/160 f16 -1.0EV ISO100階段中段あたりからフェンスが入り始める。このくらいの重みのある角度が好きな場合は、シャッター速度1/30前後でフェンスを無くすのを狙ってもいい。280mm 1/160 f18 -1.0EV ISO100
バックショットはアップではなく、空間を利用してみてもいい。280mm 1/1600 f6.3 -0.7EV ISO100

3、ヘアピン立ち上がり

 観戦席のある場所だがその前にちょうどスペースがあり、そこからの撮影がもっともやりやすく、かつ距離も近いため、コンデジやスマホも目立つスポットだ。ここでは正面、側面、斜めバックショットが狙える。不慣れであれば、まずこのポイントで練習してみよう。斜めバックショットは隣に人がいる確率が大なので、いないとき限定にするか、半歩下がってやってみよう。

ズラっとカメラが並んでいるでスポットとしてわかりやすい。空いている場所に入って、いいラインを探してみよう。また他の人を考えて、しばらく撮影したら場所をズラすことも大切車両を間近で見られるため、iPadで撮影している人もいたほど
iPhone 4Sで撮影してみても、これくらいの大きさに車両が写る立ち上がりは正面を狙いやすいし、団子状態になっているのでレース感が出る写真になりやすいのもいい。280mm 1/1250 f4 0.0EV ISO50
サイドショット時は車両が入りきらないくらいアップにできる。そんなときは、切り取ってみるのもいい。速度が遅いため、慌てることなく遊べる。230mm 1/500 f7 -0.7EV ISO50車両の前半分が好きな人はまずヘアピン立ち上がりがオススメといっていい。筆者も大好きなエリアだ。200mm 1/500 f7 -0.7EV ISO50
速度がゆっくりなので、構図通りに狙う練習にも最適。230mm 1/500 f6.3 -0.7EV ISO50こんな趣味カットにも応えてくれるのがヘアピン(笑)。180mm 1/500 f6.3 -0.7EV ISO50

4、ヘアピンと200Rの間

 オススメスポットというよりは、F1などで人がいっぱいで撮影場所がないなと思ったときの保険、および練習用。立ち上がりからしばらく200Rに向かって歩くと、微妙にフェンスが凹んでいる部分がある。やや斜面があるため、フェンス前まで行けるし、斜面を下りなくても十分にサイドショットを狙える。ただし、加速真っ最中なので車両により速度差があって、流し撮りにはちょっと難易度が高い。

急に1ヵ所だけ凹んでいるフェンスが目印シャッター速度1/200くらいで振るとある程度流れる距離。だいたい筆者はここで数枚練習してから、スプーンへ向かっている。140mm 1/200 f6.3 -0.3EV ISO50

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ