このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト第36回

ミクZ4もリタイヤ! サバイバルレースだった鈴鹿1000km

2012年08月23日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最初から最後まで何かが起こり続けた
伝統のポッカ1000km

 コースレコードを更新し、文句ナシのポールポジションになった#66 でちゃうアストンがレギュレーション違反(燃料タンク系)で失格になり、順位が繰り上がったSUPER GT 鈴鹿戦の予選(関連記事)。ミクZ4が3位、Mirai Z4が10位と、決勝レースが楽しみなグリッドになっていた。

 歴史あるレースであるPokka 1000kmが4年ぶりに復活し、今年のレースの中で最長の走行距離となった今大会。ただし、これまでは日没後のナイトランがあったが、節電の影響か12時すぎにスタートし、日没前の18時すぎには終了というスケジュールになってしまい、観客としてはちょっと残念だろう。そういえば、黄昏時のクルマのカッコ良さを決める「トワイライトエレガンスマシンコンテスト」もなかった。これまで、ミク号は2回の栄誉に輝いていたのだが。

 そんなわけで、いつもよりちょっと早い時間からレースはスタートした。スタートドライバーはミクZ4が片岡選手、Mirai Z4は番場選手が担当した。

ミクZ4のグリッドガールは立花サキちゃんが担当Mirai Z4のグリッドガールは鴻上聖奈ちゃんが担当
スタート前のリラックスした谷口選手と片岡選手グリッドで見つけた名古屋・大須のアイドル「OS★U」のみなさん
長く厳しいレースがスタートした。GSRが1000kmを走るのは初めてとなる

 ミクZ4はタイヤも暖まっていない1周目から#3 NDDP GT-Rと#16 無限CR-Zを抜いて1位に踊り出て、しばらく1位を独走状態に。Mirai Z4は序盤で#31 プリウスGTに接触されたものの、あまり順位を落とさずにコースに復帰し、さらに前を走る何台かをオーバーテイクする姿を見せてくれた。なお、#5 マッハ先輩は4周目に#99 Racerbook R8に接触されてリア部分を大きく破損。1000kmのレースから早々に消えてしまった。

 予選で最後尾にまで落ちたでちゃうアストンは、やはりスピードは変わらず。怒濤の勢いでオーバーテイクショーを展開し、あっという間にミクZ4をロックオン、15周目にはミクZ4をも抜いて驚異の24台抜きを達成した。谷口・片岡両選手は予選後に「アストンは別格」と言っていたが、まさにその通りであった。

SUPER GT 2012 第6戦・富士スピードウェイ
ミクZ4応援シート概要

各種コース詳細
応援シート詳細記事
開催日時
9月9日(日)
場所
富士スピードウェイ(現地集合・現地解散)
主催・運営
ASCII.jp
応援エリア
メインスタンド 1F 特設応援シート
申し込み先
キャラアニ
※本件は、アスキー・メディアワークスからチケット販売・決済業務をキャラアニに委託するものです。購入時にご登録いただいた個人情報は、チケットの発送およびグッズ引き渡し等の必要業務目的に限り、アスキー・メディアワークスおよびキャラアニにて使用します。
締め切り
8月26日24時まで(※都合により、これより早く販売終了する場合があります)

※こちらの商品は受取確認が必要なため、ご不在の場合ポストへの投函ができません。予めご了承ください。
※発送は8月31日頃を予定しております。9月1日か2日頃の到着予定です。
※観戦券は8日の予選も有効ですが、応援シートは9日のみの設置です。8日(土)は自由席扱いとなります
※売上金の一部はチームの運営資金に充てられます

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ