このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第206回

自慢でも決して持ち出せない「iPhoneオッパイケース」を衝動買い

2012年08月23日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Bカップだったら通話時に目立たないけど……
Gカップだったら自然な仰角を確保した簡易スタンドに!

 せめて、Bカップサイズであれば、きっとポケットにも収まりが良く、通話時にも目立たず、よりハンディだったかもしれない。ただGカップサイズであるがゆえに、2つのオッパイ部分が、自然な仰角を確保した簡易スタンドにもなり、動画再生時にも自然な視聴角度を実現する便利なアイテムとなることだ。

受話する時の持ち方はこれ以外に想像できない問題の商品
受話するのも抵抗があるが、ネックストラップにするには相当の度胸が……

 実際に、雑踏の街なかでこのケースを装着した状態で、突然着信した音声通話に応えるには、相当な度胸と気迫か、世捨て人の感覚が必要だ。また、常に携帯することで、ケースのどこか一部分が汚れたり、変色したりするという些細なことにも日々神経を尖らせないといけない。

ビデオをビューイングする為、iPhoneにある程度の傾きを確保するTOOLは多い

 「iPhoneオッパイケース」は自慢したいが、自宅から持ち出すことに無抵抗にはなれない残念アイテムの筆頭ケースだ。しかし、実際に購入後、年齢は20代から40代まで数名の女子にオッパイケースを見せたが、評判は、ノット・トゥー・バッド(まあまあとちゃうん?)だった。購入満足感を満たし、持ち出せないストレスを解消するには、Facebook上で自慢するしか道はなさそうだと思っていたので彼女たちの反応は意外だった。

Gカップクラスなゆえに実現できた、極めてナチュラルなシネマ・ビュースタイル

T教授

今回の衝動買い

アイテム:「iPhone4オッパイケース(仮称)」
価格:秋葉原裏通りのジャンクパーツ屋にて480円で購入

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン