このページの本文へ

日本のスマホユーザーは2400万人、携帯利用者の23%

2012年08月22日 00時49分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 コムスコア・ジャパンは8月21日、携帯電話の包括調査データベースの 「モビレンズ」を通じて分析した、日本における携帯電話利用者の6月までの3カ月平均レポートを発表した。

 同調査は携帯電話契約者5000人以上を対象にした毎月実施している調査。調査結果によると、スマートフォンと非スマートフォン双方を含めた13歳以上の携帯電話利用者数は約1億270万人。端末メーカー別で見ると、1位は「シャープ」(22.6%)、2位「パナソニック」(13.6%)、3位「富士通」(11.8%)、4位「NEC」(8.9%)、5位「ソニー」(7.9%)となった。

 また、日本では全携帯電話利用者の23.5%にあたる2400万人以上がスマートフォンを利用し、2011年の年末に比べて43%増加。スマホ市場におけるシェアは1位「アンドロイド」(64.1%)、2位「アップル」(32.3%)、3位「マイクロソフト」(3.2%)となった。

 ■「調査結果」
http://www.comscore.com/jpn/Press_Events/Press_Releases/2012/8/Japan_Smartphone_Surge

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く