このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第59回

Nokiaの資産整理が続く Windows Phone 8ローンチは9月か?

2012年08月22日 12時00分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Phone 8端末の発表は9月頭?

 一方、NokiaのWindows Phone戦略が成功しているかとなると、そうとは言い切れない。Gartnerが発表した2012年第2四半期の携帯電話/スマートフォン市場調査では、NokiaのWindows Phoneブランド「Lumia」シリーズについて、「コンシューマーマインドにおいて、Androidの代わりとしての位置づけを確保するのに苦戦している状態」と評されている。

 NokiaのシェアはSamsungに次いで2位の19.9%(Samsungのシェアは21.6%)。Samsungとは単純にシェアの差が開いただけではなく、「Galaxy S III」が予想以上の売上げとなるなどSamsungがスマートフォンで台数を増やしているのに対し、Nokiaはフィーチャーフォンがいまだ中心となっている点も気になるところだ。

 Windows Phoneといえば、Microsoftが最新版「Windows Phone 8」(「Apollo」)を6月に発表、最新OS搭載機種の登場が期待されている。Nokiaは9月5日にフィンランドとアメリカでイベントを開催することを明らかにしており、ここでWindows Phone 8を搭載したスマートフォンの発表が予想されている。なお、9月12日とも報道されているAppleのiPhone最新モデル発表やSamsungの新製品発表も予想されている。

 NokiaのWindows Phone戦略の是非はいまだに議論されており、Standard & Poor'sはNokia株の格下げを行った。CEOであるStephen Elop氏に残された時間は少ないように見える。


筆者紹介──末岡洋子


フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン