このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

夏休み終了直前! デジタル機器自由研究 第1回

指紋リーダーの限界に挑む! 本当に他人の指では通らない?

2012年08月20日 19時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

使える指紋は手だけじゃなかった
足でも認証可能

 指紋以外の指を登録することはできるだろうか。通常は人差し指を使うが、認証できるならほかの指でもいいはず。逆に、よく使われる人差し指ではないほうが、セキュアだ。まずは、足の指でチェック。きちんとセンサーをなぞれるなら、指と同じく登録でき、認証も可能だった。ただし、足の指の登録項目は用意されていないので、左手の小指などに割り当てる必要がある。

足の指でも登録・認証ともに可能

 次に、指の第2関節と付け根の間で登録してみる。指紋のように渦を巻いていないものの、縦のしわがたくさんあるので試してみたところ、登録成功。認証も50%くらいの確率で通る。しかも、ほかの指の腹ではエラーになるので、認証は有効なようだ。

それじゃ鼻紋はどうよ

 手の側面はシワを認識するものの、3回連続の認証をクリアすることができず、登録できなかった。また、犬や馬では鼻紋を使って個体識別をするので人間でも試したところ、しわは認識するが、やはり3連続の認証をクリアできずに登録できなかった。

結論:指紋認証は信頼に値する(と思われる)

 今回の実験では、他人誤認率はゼロ、本人拒否率も通常時はゼロ。やすりで削ったり水で濡らしたり、足の指で登録するとやや落ちるが、きちんと運用すれば問題は起きないだろう。指紋認証リーダーはやはり、信頼に値するデバイスと言える。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン