このページの本文へ

幅約98ミリの薄型筐体でデスク上にもラクラク設置

価格、性能、サイズのバランスに優れた正統派「Endeavor TY1100S」

2012年08月28日 11時00分更新

文● 山口 優 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネスにもエンタメにも十分な性能

 クアッドコアの第3世代Core i7やディスクリートグラフィックスを搭載していることもあり、本機を使用していてパフォーマンス不足を感じることはほとんどなかった。そこで、参考までにベンチマークテストを数種類実施し、具体的な性能をチェックしてみた。

 まず、OS標準のWindows エクスペリエンス インデックスでは、プロセッサが7.7、メモリが7.8という、最高値7.9に迫るスコアを記録。またグラフィックスとゲーム用グラフィックスがともに6.7という結果になった評価機の場合、ストレージとして読み出し速度の速い128GB SSDが搭載されていたため(セカンダリとして1TB HDDを搭載)、プライマリハードディスクは最高値の7.9に達している。

Windows エクスペリエンス インデックスの結果。第3世代Core i7やDDR3-12800のメモリ、SSDを搭載していることもあり、パフォーマンスは非常に高い

 続いてPCMark 7で評価機のパフォーマンスを計測してみると、結果は以下の通りになった。

PCMark 7のスコア
PCMark score 4772
Lightweight score 5306
Productivity score 5001
Creativity score 5682
Entertainment score 3769
Computation score 5446
System storage score 5254

 以前、レビューした「Endeavor TY5100S」の総合スコアは「4870」で、スコア上はほぼ変わらない数値をマーク。スリムモデル筐体ながらも、BTOの組み合わせによっては、ミドルタワークラスに匹敵するマシンにもカスタマイズ可能だ。

 また、CINEBENCH R11.5でテストしてみたところ、CPUのスコアは7.43ptsを記録。「モンスターハンター フロンティア オンラインベンチマークソフト【大討伐】」を使ってゲームプレイ時の快適さをチェックしてみたところ、解像度1280×768ドットの設定で「3944」というスコアをマークした。エントリー向けのNVIDIA GeForce GT 430ということもあり、突出した数値というわけではないが、通常用途には十分過ぎるといっても過言ではない性能。最新のPCゲームも、一部の要求スペックが高いものをのぞいて快適にプレイできそうだ。

CINEBENCH R11.5の結果。動作周波数が同じSandy Bridge世代のCore i7-2600を搭載したマシンのCPUスコアは6.9pts前後なので、評価機がいかにハイパフォーマンスであるかが分かる

 参考までに、CPUとプライマリストレージが本機と同じで、グラフィックスが上位モデルのNVIDIA GeForce GTS 450という構成のミニタワーPC「Endeavor TY5100S」の場合は、PCMark scoreが「4870」、モンスターハンター【大討伐】が「8613」という結果だった。より要求スペックの高いゲームを楽しみたいという場合は、こちらを検討してみるといいだろう。ゲームはほどほどで省スペース性重視なら、本機で不満を覚えることは少ないはずだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン