このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

電アス・ゲーム部 第19回

Intel vs AMD紛争勃発!? 美人声優に自作PCを懇切丁寧に指南

2012年08月18日 16時00分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電アス・ゲーム部とは

 ASCIIと電撃のなかでも特にゲームが大好きなスタッフが集まって結集された電アス・ゲーム部。注目の新作コンシューマーゲームや、根強いファンを持っているPCゲーム、ゲームをプレイするのに便利な周辺グッズやゲーミングPCなど、ゲームと名がつくありとあらゆるモノを仕事と言い訳して遊び倒していく!!

尾高もえみプロフィール

 キッズネット所属の声優。インターネット生放送番組『尾高もえみの一難去ってまた一難』のメインパーソナリティや、知多半島イメージキャラクター・知多娘の知多みるく役で活躍中。趣味はピアノ即興演奏と創作料理。ゲーム歴は浅いが、最近は連日5時間以上プレイするほどのヲタク気質を見せている。

【尾高もえみオフィシャルブログ MOE*LOG】

声優の尾高もえみちゃんが、喜ばしいことに自作PCの世界の門を叩いてくれた

 声優活動のほか、電撃オンラインでゲーム対決など活躍中の尾高もえみちゃん。そんなもえみちゃんだが、最近ゲームをする機会が多いようでゲーム用にPCを1台欲しいという。困ったもえみちゃんを見かねた電撃オンラインとASCII.jpの自作PCパーツマイスターが、彼女に最適なパーツをソムリエのごとく選び出していくという。いったいどんなPCができ上がるのだろうか?

【北村】もえみちゃんはどんなゲームをプレイしてるのかな?

【もえみ】オンラインゲームの「ル・シエル・ブルー」(MMORPG)、「マビノギ英雄伝」(MORPG)とかですね。あとは「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」(TPS)もプレイしています。

【飯塚】え、男臭いミリタリーアクションもプレイするんだ。

【もえみ】最近始めました。グラフィックがすごいリアルで、画面に引き込まれそうになるんですよ。

【北村】それじゃ、無料オンラインゲームがメインで、たまにFPSとかもやるって感じだね。それだと、10万円以上するガチなゲーミングPCは必要ないな。

【飯塚】コストパフォーマンスがいいパーツを使って、なるべく安く組めるようにしよう。

【北村】ゲームに重要なパーツは、CPUとビデオカードとメモリーの3つ。この3種の神器を決めたら、あとは予算に合わせて自由に選んでいいよ。

【もえみ】うーん、でもその3つがよくわからない……。

【北村】そうだね、それじゃまずはPCの頭脳というべきCPUから選んでいこう。CPUにはインテルとAMDという2つのメーカーがあるんだ。

【もえみ】あ、インテルって聞いたことあります! 「インテル入ってる」っていうCMのやつ!

飯塚「ここにCPUが入っているんだよ~」

熱心に自らがリスペクトするCPUを推す2人。2人とも前のめり過ぎです

【北村】そうそう、それ。インテルのCore i5もしくはCore i7を選んでおけば間違いない。

【飯塚】おいおい、AMDじゃだめなのかい? AMDにはコア(頭脳)を8つも搭載したAMD FXシリーズがあるんだぜ、ゲームするならAMDだろう。

【もえみ】私、AMDって知らない……。

【北村】まぁ、インテル製CPUを選んだほうがマザーボードの種類が豊富だし、消費電力も抑えられるよ。

【もえみ】そうなんですか、それじゃ聞いたことあるインテルのにします!

【飯塚】ちょっと待って、AMDは種類の豊富さではインテルに負けてるけど、なにより価格が非常に安いんだ。それにAMDを使っているって言うと、自作マニアの間では通っぽく見られるんだぜぃ。

【もえみ】安いのは魅力的ですね~。人と同じもの使うのはあまり好きではないので、みんなが持っていないものを使いたいっていう私の性格だと、AMDのほうが合ってるのかなぁ。

【飯塚】それにパッケージを見てごらん。AMDの上位モデルはアルミ製ケースに入ってるんだよ。ほら、インテルのは紙製でしょ。

AMD厨飯塚「こっちが良いよ!」インテル厨北村「いやいやこっちだって!」

【北村】えっ、それって性能には関係ないじゃん……。

【もえみ】私、この赤と黒の配色が好き! だからCPUはAMDにします!

赤と黒の配色が気に入り、もえみちゃんはAMD製CPUをチョイスすることに。あれ? 性能関係ないような……

飯塚が選んだのは、8つのコア(頭脳)を搭載したAMDの最上位モデル「AMD FX-8150」。実売価格は1万5000円前後。6コアや4コアの下位モデルもあるが、さほど価格が変わらないので、ここは迷わず最上位モデルをチョイス

北村のおすすめは、インテルの4コアCPU「Core i5-2500」で、実売価格は1万8000円前後。ただし、最新ゲームを最高の画質でプレイしたいなら6コアの「Core i7-3770」(実売2万5000円前後)が鉄板!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画