このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

電アス・ゲーム部 第18回

いつから中二病がカッコ悪いと錯覚していた?

【G-net出張所】14歳当時の気持ちを思い出すAVG『Dies irae』を紹介

2012年08月14日 11時00分更新

文● 電撃オンライン編集部 ごえもん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電撃オンラインのゲーム好き編集者が贈るゲームコラム連載。今回は、美少女ゲーム担当が中二病の心を思い出させてくれる良作ゲームを紹介する。

著者プロフィール

 電撃オンラインで美少女ゲームやアニメ、グッズなどの情報をまとめている裏サイト(?)“G-net”の担当編集・ごえモンです。先日『フツウノファンタジー』と『はるまで、くるる。』をクリアしたので、現在は『atled-everlasting song-』と『古色迷宮輪舞曲』、『終わる世界とバースデイ』を積みゲータワーから崩そうと奮闘中。

男の子はいくつになっても中二病なんですよ!

 子どものころ、いつかは“かめは○波”が撃てるんじゃないかと、例のポーズをとりながら気をためていましたし、いつかはレベルが上がるんじゃないかと、自作の剣を片手にそのへんに生えている木と戦っていました。そんなアレな僕も、学校の先生や近所のお兄さんたちを見ながら「この人たちはなんて大人なんだろう。いつか僕も大人になっちゃうのかな」なんてセンチメンタルな気持ちに浸っていたのですが……。

 いざオヤジと呼ばれる年齢になってみて、はたして自分は大人になったのか? と考えてみると、10代のころから本質はまったく変わっていないと感じます。だって、未だに“自分が聖杯○争に参加したら、どんな能力で相棒は誰か”とか“異世界に勇者として召喚されて、女の子にモテモテ”とか考えちゃうんですもん。

 なんでこんなことになるのかと考えてみれば、それはひとえに“おもしろい作品に出会うと心を揺さぶられる”からだと思います。いつだって心には子どものころの気持ちが眠っていて、きっかけさえあればよみがえるのです。……はい、ここまでが前置き(笑)。僕の中二病スイッチを見事にぶっ叩いてくれるゲームが、8月31日に発売されます。それが、Windows PC用ソフト『Dies irae ~Amantes amentes~』です。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中