このページの本文へ

NZXT「HAVIK 120」

ホワイトブレード採用のデュアルファン搭載クーラーがNZXTから

2012年08月11日 22時16分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NZXTから120mmファンデュアル仕様のサイドフロー型CPUクーラー「HAVIK 120」が発売となった。

NZXTから120mmファンデュアル仕様のサイドフロー型CPUクーラー「HAVIK 120」が発売。ホワイトカラーの13枚ブレード仕様で低回転でも大風量を実現する。サイズは125(W)×112(D)×160(H)mm、重量980g

 低回転でも大風量を実現するという、13枚ブレード仕様の120mmファンをデュアル搭載させたサイドフロー型CPUクーラー。120mm口径の搭載ファンは2又に分かれた3ピンコネクター仕様となり、白色コネクターで低速駆動、黒色コネクターで高速駆動する。なお、スペックは低速が1200rpm±10%/18dBA/61.5CFM、高速が1500rpm±10%/22dBA/75.8CFM。
 ヒートシンク部はアルミ製で、受熱ベース部は銅製ニッケルプレート。ヒートパイプ径は太めの8mm径を4本使用するスタイル。対応ソケットは、LGA 2011/1366/1155/1156/775、Socket AM3/AM2+/AM2で、マザーボードへの固定には専用リテンションによるネジ留め式となる。
 価格は6480円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

低速と高速で動作する2基のファン。受熱ベース部は銅製ニッケルプレート。ヒートパイプ径は太めの8mm径を4本使用する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中