このページの本文へ

RATOC「REX-USB3HDMI-DH」

ケーブル1本でディスプレー2台を増設するアダプターが発売

2012年08月10日 23時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2台のHDMIディスプレイを接続できるUSB3.0対応ディスプレーアダプター「REX-USB3HDMI-DH」がラトックシステムから発売された。

2台のHDMIディスプレーを接続できるUSB3.0対応ディスプレーアダプター「REX-USB3HDMI-DH」。3ポートのUSB 3.0ハブ機能も備える

 PCとはUSBケーブル1本で接続する。別途DVI-HDMI変換アダプターを用意すればDVIディスプレーへの出力も可能だ。ただ、接続したディスプレーはプライマリーに設定できないほか、HDCPやCOPPなどの著作権保護技術には対応しない。
 対応表示モードは複数ディスプレーを1画面として扱う「拡張モード」と、同じ画面を表示する「ミラーモード」の2種類で、組み合わせた利用も可能。1画面あたりの最大解像度は2048×1152ドット。
 また、本体には3ポートのUSB 3.0ハブ機能を搭載。キーボードとマウスを接続しておけば、ノートPCでデスクトップ並み操作環境を再現できる。
 価格は1万4800円。ツクモパソコン本店で販売中だ。

対応表示モードは複数ディスプレイを1画面として扱う「拡張モード」と、同じ画面を表示する「ミラーモード」の2種類で、組み合わせた利用も可能だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中