このページの本文へ

「続きは Web で」系 CM、製品よりキャンペーン告知に効果あり

2012年08月09日 01時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 japan.internet.com編集部は8月7日、「Web検索を促すTVCM」に関する調査を行い、その結果を発表した。

 調査結果によると、Web 検索を促す「続きはWebで」のようなTVCMを見たことがあると回答した886人に対し、実際に当該サイトを検索・閲覧したことはあるかを聞いたところ、「閲覧したことがある」が36.9%、「ない」が56.3%、「検索したが見つからなかった」は2.0%だった。

 続いて、「CMで紹介されている製品が気になったから」という人に、当該サイトを閲覧し製品を購入したいと思ったか聞いたところ、「どちらでもない」が35.0%、「購入したいと思った」は27.1%だった。

 また、TVCMからWebサイトを検索・閲覧する人では、「キャンペーン」よりも「製品」に興味を持っている人が多いことがわかった。しかし、Webサイトの閲覧による効果としては、「製品の購入意欲の向上」よりも「キャンペーンへの参加意欲の向上」の方が効果的だった。

 調査対象は、全国10代~60代以上のインターネット ユーザー1100人。

 ■「調査結果」(http://japan.internet.com/research/20120807/1.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く