このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2012夏 注目モデル Xperia GX&SXレビュー 第2回

今週発売のXperia新シリーズに接近!

まもなく発売 Xperia GX&SXのホーム画面をチェックする

2012年08月09日 15時00分更新

文● mobileASCII編集部 高橋章憲

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本操作はAndroid 2.3のXperiaシリーズとほぼ共通
誰でも直感的に使える、熟成されたホーム画面!

 Xperia GXとSXの両機種で使用されているホーム画面は、2012年春モデルのXperia acro HDやXperia NXのものと、ほとんど見た目が一緒です。個人的には、せっかくAndroid 4.0になったんだからもう少し新味を加えても良かったんじゃ……? と思わなくもないのですが、逆に違和感なく使えることの方を優先したのか、過去のXperiaシリーズからの買い換えの方でも操作に戸惑わずに済むようになっています。

ホーム画面の「ステージ」にあるアイコンは変更可能!

 ホーム画面を左右にめくっても、常に画面下部に表示されているアイコンの場所を、Xperiaシリーズでは「ステージ」と言います。意外と購入時の配置のまま使い続けている方も多いのですが、この「ステージ」に置けるショートカットアイコンは変更が可能です。自分がよく使うアイコンを「ステージ」に置いておけば、作業効率もアップします。

 外したいときにはアイコンを長押しすると表示されるゴミ箱に捨てるか、ホーム画面の空いてる場所にドロップすればOKです。「ステージ」にはフォルダーも置けますので、4つしか置けないスペースを有効活用することができるのもうれしいポイントです。

入れ替えたいアイコンを長押しすると、ゴミ箱が表示されます。また右写真の画面上部に見える、「共有」の文字にアイコンを重ねると、Facebookに投稿したり、クラウドサービスにバックアップすることもできます

アプリのアンインストールがカンタンに!

 アプリメニューを開いたときに、右上に表示されるキューブ型のアイコンをタップすると、アンインストールが可能なアプリアイコンに「×」マークがついて、タップすればすぐにアンインストールができるようになっています。

 Xperia acro HDやXperia NXにも同様の機能はあるのですが、キューブ型アイコンの位置は画面右下でしたので、小変更が加えられた形になっています。Google Playにはアンインストーラーアプリが星の数ほどありますが、この純正アンインストール機能の方が直感的にわかりやすいと思います。

アプリやウィジェットの追加や
壁紙の変更方法がスタイリッシュに!

 アプリやウィジェットをホーム画面に配置する際、ホーム画面のなにもないスペースをタップ(長押しではない)すると、画面上部に丸で囲んだ筆のマークと「+」のマークが描かれたバーが表示されます。

 Android 2.3搭載のXperiaシリーズでは、ホーム画面の長押しで、すぐに「ホーム画面に追加」メニューが表示されましたが、新しいAndroid 4.0搭載のXperia GXとSXでは、ワンクッション操作が増える形となっています。はじめは少々戸惑いましたが、スタイリッシュな雰囲気でXperiaらしさが進化しているように感じました。

上の写真で赤く囲んだ箇所が、画面上部に表示されるバーです。あまり目立たないので、バーに気づかないと「おや、何も起こらないぞ?」と思ってしまうかも

筆マークを押すと、壁紙やテーマのカスタマイズメニューが開き、+マークを押すと、アプリやウィジェットの追加メニューが開きます


■総評
Xperiaならではのオシャレな雰囲気は健在!

 搭載OSがAndroid 4.0に進化したXperia GX、SXですが、いかにもXperiaという雰囲気をそのまま引き継いでいます。ホーム画面は、メーカーにとって端末のアイデンティティーとも言える部分ですので、このホーム画面が好きだという理由だけで、Xperia GX、SXを選ぶのもアリだと思います。ショップで実機を触る機会があれば、ホーム画面の使い心地をぜひ確かめてみてください!

 次回は、Xperia GX&SXにプリインストールされているアプリについてレビューしていきます。

本記事の続きを今すぐ読みたい人は、mobileASCIIで!


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン