このページの本文へ

エンパワーS、ECサイトのアウトソーシングサービス開始

2012年08月08日 00時36分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 エンパワーショップは8月7日、クラウドソーシングによりECサイト運営の高負荷業務を低価格・高品質で代行・解決・提案するコンサルティング・アウトソースサービス「EC workers」を開始した。

 「EC workers」では、まずはECサイト運営の高負荷業務を3つのパッケージで整理し、ECサイト運営で発生する典型的な課題を定義・解決するためのプロセスを整備する「課題解決コンサルパッケージ」、ショップ運営に必要なデータの状況を読み解きアドバイスする「データモニタリングパッケージ」、ECサイトでのキャンペーンの企画・検証を行う「キャンペーンパッケージ」からスタートする。

 また同サービスは、業務を標準プロセス化し研修会社と提携、研修会社メンバーがOJTとして代行・解決・提案業務に参画することで、費用を大幅に抑えこんでいる。

 さらに、標準化した一部の業務をメンバーが複数回こなすことで品質を高めるとともに、各案件に専門家を配し、プロジェクト納品物の品質管理を行なうことで、安定した品質を確保している。

 ■「EC workers」(http://ecworkers.jp)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く