このページの本文へ

イオン店内で「kobo Touch」を販売開始

2012年08月06日 00時34分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 楽天の子会社であるKobo Inc.は8月4日、イオンリテールが運営する総合スーパー「イオン」で電子ブックリーダー「kobo Touch(コボ タッチ)」の販売を開始した。

 これまでKobo社は、日本で電子書籍サービスを開始して以降、インターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめ、大手家電量販店や大手書店で電子ブックリーダー「kobo Touch」を販売。今回、総合スーパー「イオン」で販売することにより、毎日の買い物で来店する主婦層や、休日に訪れる家族連れなど新たな利用者層への拡大を期待している。

 「kobo Touch」は、イオン品川シーサイド店(東京都品川区)やイオンナゴヤドーム前店(愛知県名古屋市)など26店舗で販売を開始し、順次全国のイオン約150店舗に拡大する予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く