このページの本文へ

GALAXY S III用は初!? 大容量バッテリー内蔵ケース

2012年08月04日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Samsung製スマートフォンのフラッグシップ「GALAXY S III」専用のバッテリー内蔵ケース「External Battery for SAMSUNG GALAXY S III」が発売された。販売しているのはイオシス アキバ中央通店やビートオン秋葉原店などのイオシス系列の各店で、価格は2980円。ブラックとホワイトの2モデルから選択可能だ。

GALAXY S IIIユーザーに朗報。ノーブランド扱いながら、海外版と国内版の両方に対応する大容量バッテリー内蔵ケースが登場だ
カラーはブラックとホワイトの2モデルで、本体とはmicroUSB端子で直結する仕様。ガッチリホールドするタイプのため、装着には若干のコツが必要なのだとか

 本製品はGALAXY S III用としては恐らく初登場となる、3500mAhの大容量バッテリーを内蔵するカバーケース。本体に2100mAhのバッテリーを搭載するGALAXY S IIIを1.5回分ほど充電できる。日頃モバイルバッテリーを携帯していたユーザーもそういった苦労から解放されるかもしれない。

 なお、ショップによればクアッドコアの海外モデルとNTTドコモから販売中の国内モデル、両方に対応するとのこと。

イヤホンジャック用のガイドが刻まれるなど、側面操作部へのアクセスは問題なし。下部にはバッテリーのON/OFFボタンと充電用のmicroUSB端子を備える

 本体サイズは幅76×奥行き155×高さ17.5mmで、特に厚みがGALAXY S III単体使用時(8.6mm)のほぼ2倍になる点には注意が必要。さらにLEDインジケーターは非搭載のため、バッテリーの残量を把握するのが難しいという弱点もある。

 それでもGALAXY S IIIのバッテリー寿命を大幅に延ばしてくれるメリットは大きく、上記の点に妥協できるなら試す価値は十分にありそうだ。

厚みは本体のほぼ2倍となる17.5mm。元の端末が薄型なだけに随分ガッシリした印象に変わってしまうが、そこは目をつむるしかない

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン