このページの本文へ

エレコムの新キーボードはペアリングもパスコード入力も不要

載せるだけでOKなスマホ用キーボード誕生

2012年08月07日 12時01分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは、Android搭載スマートフォンで使える世界初のNFC対応ワイヤレスキーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬に発売する。価格は1万8690円。

TK-FNS040BK

 ノルウェーに本社を置くOne2Touch社と共同開発されたTK-FNS040BKは、近距離無線通信の国際規格NFC IP-1(ISO/IEC 18092)に準拠し、同規格に対応したAndroidスマートフォンで使用可能。事前に2つのアプリをGoogle Playからダウンロードし、文字入力方法の設定を1度だけ行なえば、スマートフォンをキーボードの上に置くだけで接続が完了する。Bluetooth対応製品のように電源のON/OFF、ペアリング、パスコード入力などをする必要はない。

 本体は折りたたむことのできるシリコン製で、オリジナルの45キー配列を採用。スマートフォンでよく使われる戻るボタンとホームボタンが、それぞれ左上と左下に用意されている。内蔵バッテリーの寿命は1日8時間程度使った場合で約1年6ヶ月(交換不可)。 本体サイズは幅341×奥行き65×高さ8.6mm(折りたたみ時は幅148×奥行き100×高さ23.05mm)、重量は約146g(電池含む)。専用のケースが付属している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン