このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

音楽を聴くなら携帯音楽プレイヤーを勧めたい理由 第1回

夏フェスへ携帯音楽プレイヤーを持って行こう!

スマホに勝つ! 音質重視の携帯音楽プレイヤーの実力を検証!

2012年08月03日 12時00分更新

文● 折原一也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

付属ヘッドフォンがコスパに優れる
iriver B100

付属ヘッドフォンで聴く

 音のバランスが良く、高域と中域をしっかりと出すサウンド。「Chase the world」ではやや高域が強めなものの、低音は控え目ながらビート感を出していてボーカルを聴くヘッドフォンとして非常にいい。

 「リアルワールド」でも中域の厚みを出し、音の情報や重低音の量感と、POPSを聞くにはまさにぴったりのチューニング。「無想曲」はピアノのディテールまでは甘いものの、メロディラインは聞きやすい。中域も音の豊かさが見事に出ている。

音質評価:★★★★★★(6)
コストパフォーマンス:★★★★★★★★★(9)

XBA-4SLで聴く

 高域をよく伸ばすサウンドが特徴。「Chase the world」では高域が耳につくほど伸びており、ダンス系としては、音圧をうまく出しながら抑えている感があっていいし、ボーカルとのバランスも絶妙。

 「リアルワールド」でも同じで、低音はグルーヴ感を出してくれる。「無想曲」は高域は伸びているが弦楽器がうるさく聞こえがちなのと、ピアノの音も美しくない。唯一、MP3へと変換した弱点が現れたのかもしれない。

音質評価:★★★★★★(6)
コストパフォーマンス:★★★★★★★(7)

日本語表示で迷うところはないが、ドラッグ&ドロップ転送では、ファイル更新が手動で必要な上にライブラリ表示にひと手間ある。ジャケット表示は可能

※B100はジャケット表示ができなかったと書きましたが、可能です。訂正してお詫びいたします。ただし、画像サイズが大きすぎる、AACかMP3への変換時にジャケット埋め込みをしていない、画像の形式が異なっている場合は、ジャケット表示ができないこともあります。

付属ヘッドフォンで満点の実力!
COWON iAudio 10

付属ヘッドフォンで聴く

 付属ヘッドフォンはダイナミック型で一見チープだが、ダイナミックな再生と音の合わせ込みは見事と言うほかない。「Chase the world」では低音から高域まで全域の情報を引き出し、低音のビート感もある上に、高域も伸びる。ボーカルもしっかり自己主張するので、そのまま聴いていたくなるほどのバランスの良さ。

 「リアルワールド」もパワフルでボーカルの厚みがあるし、引き締まったベースラインはロックにもよく合っている。「無想曲」も中域の再現性に優れており、繊細でハリがあり、ピアノも本当にピアノらしい音がして重低音も心地良い。

音質評価:★★★★★★★★(8)
コストパフォーマンス:★★★★★★★★★★(10)

XBA-4SLで聴く

 音の情報量をソリッドに引き出してくれるタイプ。「Chase the world」では低音を引きしまえて押さえながら、高域の煌びやかさをしっかり出すのがいい感じ。女性ボーカルは映えるが、どこか抜けきれないような癖がある。

 「リアルワールド」でも低音は抑え気味ながら、中~高域のバランスがよく楽器の定位もいい。ただし、ボーカルが埋もれやすい。「無想曲」は繊細な音の作りにもフィットしているし、弦楽器、ピアノの音にも厚みが出てくる。高域のナーバスさも抑えており、落ち着いて音楽を聴くにはいい。

音質評価:★★★★★★★★(8)
コストパフォーマンス:★★★★★★★★(8)

タッチパネルはどこを押せばいいのか迷いやすく、再生中の操作にも戸惑う。すぐにスタンバイになり、操作できなくなるのも分かりにくい。ジャケット表示もできず、少々不満が残る

音がいいのは圧倒的にソニーのウォークマンZ
次点はCOWONのiAUDIO 10で付属ヘッドフォンも強力

 まず、全体の傾向としてiPod touchを除く全モデルで、付属ヘッドフォンの音質が一定水準以上を確保していたことに触れておきたい。ソニーの3モデルは、実売価格1万円以下で購入できるウォークマンEにまでノイズキャンセル対応のヘッドフォンが付属すると考えると、コストパフォーマンスに優れる。

今回の検証でぶっちぎりの高音質を見せつけた、ソニーの「ウォークマンZ」

 iriverのB100、COWONのiAUDIO 10はダイナミック型ながら極限まで本体と音のチューニングを合わせ込んでおり、特にCOWON iAUDIO 10付属ヘッドフォンはライブ感と低音の再現性が、ひとつの頂点とも呼ぶべきサウンドに到達している。本体価格1万円台前半はヘッドフォン込みと考えると、魅力的な価格設定だ。

 試聴するヘッドフォンをソニーのXBA-4SLに揃えた、純粋な携帯音楽プレイヤーとしての音質比較では、ソニーのウォークマンZが頭ひとつ抜けた。デジタルアンプの「S-Master MX」の高解像志向のサウンドは楽曲の中の音までエネルギー感を持って緻密に再現し、まさに別の曲と思わせるほど。ネット上の価格でも2万円台だが、付属ヘッドフォンでノイズキャンセルもできるので、コストパフォーマンスはまずまずだ。次点はCOWONのiAUDIO 10で、音楽再生時の情報量に優れている。

値段もそこそこでコストパフォーマンスなら圧倒的の、COWON「iAUDIO 10」

 また、今回はソニーの3機種を取り上げたが、全機種を通してクリアでハリのあるパワフルな低音に、ダイナミックでライブ感あるサウンドが共通している。なお、ウォークマンZとAは、同じ「S-Master MX」の回路を搭載しているが、XBA-4SLによる音質評価でAを7点、Zを10点と採点した通り、実際に音を聞くと全く別モノと言い切れるほどに音質に差がある。ウォークマンAのプロフィールは「ウォークマン史上、最高音質」となっているが、視聴ではウォークマンZの方が音質が良く、ウォークマンAはむしろウォークマンEに近かった。高音質で選ぶなら、AよりZが正解だ。

 なお、比較対象として取り上げたスマートフォンとタブレットでは、iPhoneは比較的iPod touchに近いが、iPhoneの方が低域の暴れを抑えきれておらず、iPod touchの方が一枚上手。MEDIAS TABについては高域が耳に付き、音楽鑑賞にはオススメできないという結果だった。

 次回は、音質面で残念だったiPhoneをいかにして携帯音楽プレイヤーの音に近づけることができるのか? ヘッドフォンアンプを使った音質改善法を紹介する。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画