このページの本文へ

サイズ「KABUTO2」

人気CPUクーラーがモデルチェンジ! 「KABUTO2」が来週発売

2012年07月31日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズオリジナルCPUクーラー「KABUTO2」(型番:SCKBT-2000)の販売が、8月9日頃から始まる予定だ。それに先立ちサンプル版の入荷を確認することができた。

サイズオリジナルCPUクーラー「KABUTO2」。8月9日の発売を前にサンプル版の入荷を確認することができた

 「KABUTO」と言えば、2009年3月に発売となったサイズオリジナルCPUクーラーのロングセラーモデル。今回、実に約3年半ぶりのモデルチェンジとなる。
 「KABUTO2」の主な特徴は、搭載ファンに新世代オリジナル小軸&大型ブレード採用の120mm角ファン「隼120」を搭載し、静音性と風量を確保。ヒートシンクは初代モデルのデザインを引き継ぎ、6mm径ヒートパイプ×6本を採用。新たにヒートシンク部の変形を防止する構造強化バーが追加されている。

搭載ファンには、こちらも単体販売が予定されている新世代オリジナル小軸&大型ブレード採用の120mm角ファン「隼120」。ブレードにスリットを入れることにより空気抵抗の低減とデザイン性の両立を図ったモデルだ

 対応ソケットはLGA 2011が新たに追加され、LGA 1366/1156/1155/775、AMD Socket FM1/FM2/AM3+/AM3/AM2+/AM2。マザーボードへの固定にはワンタッチクリップシステム「N.G.C.S」を採用している。そのほかサイズは132(W)×140(D)×130(H)mmで、重量は695g。サンプルが入荷したパソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原本店リユース総合館によると、予価は3980円となっている。

ヒートシンクは初代モデルのデザインを引き継ぎ、6mm径ヒートパイプ×6本を採用。ヒートシンク部の変形を防止する構造強化バーが追加されている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中