このページの本文へ

MSI「880GMS-E41(FX)」

OpteronもOK? 4000円台の格安Socket AM3+マザーがMSIから

2012年07月26日 22時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 販売価格が4000円台と安価なSocket AM3+対応マザーボード「880GMS-E41(FX)」がMSIから発売となった。

MSIから発売となった販売価格が4000円台と安価なSocket AM3+対応マザーボード「880GMS-E41(FX)」

 この製品はチップセットに「AMD 880G」+「SB850」を搭載するSocket AM3+対応マザーボード。Micro ATXフォームファクターのシンプルな製品でTDP 95W以下のAMD FXやSempron X2 のほか、従来のPhenomシリーズをサポートする。さらに販売店のひとつ、ツクモパソコン本店では「メーカーのCPUリストになかったのでOpteron 3260 HEを搭載してみたところ、しっかり認識した」とのこと。45Wや65Wなどの低電圧モデルが充実しているOpteronを搭載するにはもってこいかもしれない。

Opteron 3260 HEも動作はする模様。45Wや65Wなどの低電圧モデルが充実しているOpteronシリーズを気軽に使うにはちょうどいいかもしれない

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×1という構成で、メモリーはDDR3 DIMM×2(DDR3-1333/1066/800、16GBまで)。オンボードインターフェースには、8chサウンド(Realtek/ALC887)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)、SATA3.0×6、eSATA×1などを搭載。I/O部にはグラフィックス出力機能としてD-Sub、HDMI、DVI-Dを備える。
 価格は4980円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

I/O部にはグラフィックス出力機能としてD-Sub、HDMI、DVI-Dを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中