このページの本文へ

「OS X Mountain Lion」最新機能レポート第1回

操作性が確実に向上した「OS X Mountain Lion」

2012年07月26日 10時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリケーションとの関係を大きく変える「通知センター」

 Mountain Lionを起動すると、Lionとほとんど同じと言っていいほどデスクトップの構成に変化はない。しかし、しばらくすると、そういえばココは……といった具合に変更点が浮かび上がってくる。半透明の板からアルミ風の反射する板に外観が変わった「Dock」、そのDockに追加されている「リマインダー」「メモ」といった見慣れないアイコン、まずはそのようなところだろう。

 しかし、メールなどのアプリケーションを使い始めてみると、デスクトップ周辺における最大の変化は「通知」と「通知センター」だということに気が付くはず。メールが届くたび、Twitterでリツイートやメンションが上がるたび表示される小さなダイアログは、Growl(改めて説明する必要がないほど有名なサードパーティー製ポップアップ型情報通知システム/関連記事)で慣れていたつもりでも、OS標準機能として装備されたことのインパクトは大きい。

メニューエクストラ右端のボタンをクリックすると現れる「通知センター」

トラックパッドを使ったジェスチャーは、まずは2本の指をトラックパッドの外側(右)に置き、指を左に滑らせるというもの

 まず、通知が集約表示される「通知センター」は、iOS 5とルック&フィールが共通化されているという点が好ましい。すでにiPhoneで手になじんだ機能であり、目にした瞬間どのような機能であるかすぐに理解できてしまうのだ。システム環境設定に新設された「通知」ペインも、iOS 5のそれを知っていれば、迷うことなどないといえる。

「通知センター」にはTwitterが統合されており、クライアントソフトを使うことなく、「思いついたら即ツイート」が可能になった

システム環境設定に新設された「通知」ペイン。バナーの形や表示する最大件数などの条件を設定できる


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中