このページの本文へ

iPhone/iPadが圧倒的に便利になる新Mac用OS

「OS X Mountain Lion」—iOSの勢いをMacに取り込み攻勢かけるアップル

2012年07月25日 21時31分更新

文● 林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パソコンをMacに変えるだけで
iPhone/iPadがさらに便利に

 OS X Mountain Lionは、初めてiCloudに完全対応したOSだ。前バージョンのOS X LionもiCloudに対応していたと思う人がいるかもしれないが、実はLionのリリースは、1年前となる昨年夏。それに対してiCloudがスタートしたのは秋頃でLionよりも3ヵ月ほど後である。実はLionのiCloud対応は、後付けでアプリケーション単位で行なわれたものなのだ。

 これに対してOS X Mountain Lionでは、OSの根っこの部分からiCloudを意識している。もし、これまでMacを使っていなくても、iPadでiCloudを活用し、メールの設定やブックマークなどを行なっているユーザーは、初めて購入したOS X Mountain LionのMacにApple IDとしてiCloudのアドレスを入れるだけで、これら基本アプリケーションの初期設定や初期情報が自動的にiPadと同じ状態になる。

 OS Xに標準搭載されている「カレンダー」「連絡先」「Safari」といったソフトの登録情報が同期されるのはこれまで通りだが、OS X Mountain Lionでは、さらに「メモ」や「リマインダー」といったiOSでなじみ深い標準アプリのMac版が用意されている。

OS X Mountain Lionでは、「リマインダー」をはじめiOSでなじみ深い標準アプリのMac版が用意されている

 つまり、外出先で何か思いついてiPhoneに書き留めたメモは、OS X Mountain Lionのソフト「メモ」を開いても表示される。

iOSデバイスで書き留めたメモは、OS X Mountain Lionのソフト「メモ」を開くと表示される

 Macのキーボードで入力した、買いたい食材のリストといったリマインダー項目は、ちゃんとiPhoeやiPadにも同期され外出先で参照できる。

 いや、それどころか、例えばMacのリマインダーで「通知」を利用して、飯田橋に着いたタイミングで「新しくできたお店に寄る」と知らせるように設定しておけば、Macを家に置きっぱなしにしておいても、iPhoneやiPadが飯田橋に着いたタイミングで、その旨のリマインダーを音を鳴らして通知してくれる。

Mac上でリマインダーを設定しておき、iPhoneやiPadで通知するということが可能

 これまでβ版として提供されていた「iMessage」機能のMac版、「メッセージ」も同様だ。電車で帰宅中、iPhoneを使って友人グループとメッセージを交換しながら旅行の計画を立てているとしよう。行き先は「あそこがいい」「いや、ここがいい」と平行線の議論が続く中、家に到着。どうせならとMacに向かいメッセージを起動すると、iPhoneに表示されていたのと同じ、それまでの議論の様子がすぐさまOS X Mountain Lion上でも再現される。

 ここで、Macのキーボードを使って、自分が勧める行き先についてたっぷりと情熱的な意見を送ったり、ウェブで見つけた目的地の写真といった画像をメッセージにコピー&ペーストして友人に送ったりすることで、あなたの主張を通すことができる。

「メッセージ」(iMessage)。Mac、iPhone、iPadなどデバイスを問わずシームレスなコミュニケーションが可能だ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中