このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

電アス・ゲーム部第14回

『ツヴァイ!!』や『海の檻歌』が好きな日本ファルコムファンは寄っといで!

【趣味的1本!】ええい、早くヒロインとくっつけ! 『那由多の軌跡』のもどかしさは日本ファルコムの伝統か

2012年07月31日 11時00分更新

文● 電撃オンライン編集部 きっしー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PC時代からの日本ファルコムのファンが、最新作『那由多の軌跡』について物申す!? 電撃ASCIIの連載企画となる、電撃オンラインのゲーム好き編集者が贈るゲームコラムをお届け!

著者プロフィール

 電撃オンラインで主にRPGの情報を担当している、そみんです。『日本ファルコム30周年公式記念本 Falcom Chronicle』の編集を担当した36歳の日本ファルコムファンです。PC時代からのファンといっても、本格的に遊び始めたのはMSX2くらいからなので、まだまだ新参なんですけどね。

『軌跡』シリーズの名前だけ使った別ゲームじゃないの?
なんて思った古参ファンほどニヤリとできる仕上がりです

 『那由多の軌跡』が発表された時、「え? なんでこれが『軌跡』シリーズ最新作なの?」と思った人、手をあげてー! ハーイ! なんて感じで、僕を含めて疑問を持った人もいたのではないでしょうか。たぶん、古くからの日本ファルコムのファンや『軌跡』シリーズのファンほど、そう思ったのでは?

 この『那由多の軌跡』は、日本ファルコムいわく“ストーリーを楽しみながら戦闘を楽しめるストーリーアクションRPG”というジャンル。『軌跡』シリーズの最新作ではありますが、『空の軌跡』や『零の軌跡』とはキャラクターや世界観が一新されています。って、何もかも一新されすぎているけど、大丈夫なのか!?

 あのですね、僕もそれなりに長く日本ファルコムのファンをやっているので、信じていなかったわけではないんですよ? 遊べばきっとおもしろいだろうし、『軌跡』シリーズらしさも感じられるだろうと思っていました。とはいえ、「もしかしたら、シリーズの名前だけ借りた別ゲームじゃないの?」と半信半疑な気持ちがあったのも事実。こうして、実際にゲームをプレイしてみたところ……あれ? もしや、想像以上に良ゲーなんでないかい?

『那由多の軌跡』プロローグ

 この世界には“果て”がある……。僕たちは昔からそう教わってきた。無限に広がって見えるこの海にも、明確な終わりがあって、その先に進むことはできない。

“世界は平面だから”

 学者たちの多くはそう断じ、人々もそれを信じている。……でも、本当にそうなんだろうか。

 いいや、きっと違うはずだ。世の中にはまだ多くの未知が残されている。“星の欠片”が映し出す“あの光景”は一体なんだろう?

 だから、僕は強く信じているんだ。そう。世界はもっと、もっと広いはずだって……。

by ナユタ・ハーシェル

本作の主人公は天体観測を趣味とする15歳の学生・ナユタ。ひょんなことからロストヘブンと呼ばれる異世界を冒険することになる。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ