このページの本文へ

薄型/軽量ノートの基準—さらに進化した「MacBook Air」(前編)

2012年07月25日 10時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新MacBook Airが速い2つの理由:その1
さすがに速い「Ivy Bridge」

 今度のMacBook Airには、CPUに第3世代Coreシリーズ、Ivy Bridgeが搭載されている。デュアルコア/4スレッドという構成は、旧モデル(Late 2011)に搭載されていたCoreシリーズ第2世代「Sandy Bridge」のCore i5と同じだが、その進化の幅は大きい。

 Ivy Bridgeでは、製造プロセスルールがSandy Bridgeの32nmから22nmへと微細化された。トランジスターを立体構造化した「トライゲート」により、トランジスターの速度向上が実現されている。

 新旧MacBook Air 11インチモデルを使い、主にCPU性能の測定に利用されるベンチマークソフト「Geekbench 2」を試したところ、全項目で大幅なスコアの改善が見られた。特に改善幅が大きかったのは、メモリのロード/ストア性能を示す「Stream」で、約38%のアップ。クロック数の上昇だけでなく、メモリコントローラがDDR3-1333からDDR3-1600へと変更された効果も大きいことがうかがえる。

ベンチマークソフト「Geekbench 2.1.13」(64bit版)を利用した(画面は11インチモデルで撮影)

表1:「Geekbench 2.1.13」(64bit版)テスト結果
新MacBook Air 11 旧MacBook Air 11
Integer 4879 3867
Floating Point 8184 6654
Memory 5519 4348
Stream 6628 4800
TOTAL 6338 5031

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中