このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2012 第5回

長~く使える極上のPCケース2012【クーラーマスター編】

2012年07月27日 11時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCゲームを楽しむために必要なのは強力なビデオカードだけではない。Windowsの壁紙はもちろん、マウスやキーボードをゲーミング用デバイスに統一しテンションを常にバトルモードに維持する、くらいのことは当たり前……というコアなゲーマーにオススメなのが「CM Storm Trooper」だ。

「CM Storm Trooper」

●URL:http://www.coolermaster.co.jp/product.php?product_id=6740
●実売価格:1万9800円前後

「CM Storm Trooper」

 その理由はミリタリー風デザイン。フロントパネルは単なる通気性重視のように見えるが、トップパネルのデザインがもろアサルトライフル風。ボタンの配置も“いかにもそれっぽく”配置されている上に、ソフトウレタン風のつや消し処理が気分をさらに盛り上げる。アサルトライフルのピカティニー・レール風デザインの取っ手だけはラバーでできており、握り手の下側には滑り止め用のヒダヒダがあるなど、かなり本格的だ。コレに萌えてしまったなら、この製品を買う資格は十分といえよう。

巨大な電源ボタン、さらに内蔵ファンコンのスイッチにUSBポートなどが配置されたCM Storm Trooperの“顔”部分。スイッチもしっかり作られているのが◎。取っ手がついているのは、海外コアゲーマーのLAN Party参加用ギアという位置づけだからだろうか

 ではPCケースとしての実力もチェックしていこう。CM Storm Trooperの設計の特徴は、ケースを上下に貫く9段分の5インチベイを好きなように使える点にある。出荷状態では上3段が光学ドライブ用、下6段にシャドウベイユニットが2つ格納されているが、シャドウベイユニットの上下位置は自由に選択できる。その気になれば光学ドライブを一番下にもってくることも可能なのだ。
 これはAntecが「NINE HUNDRED」ですでに実用化済みのアイデアだが、CM Storm Trooperではシャドウベイユニットの方向を自由に設定できる、という点が新しい(NINE HUNDREDは向きが固定)。シャドウベイユニットに装着されたファンの向き変えることで、ケース内部へ風を通すことを優先するか、ドライブのメンテナンス性を重視するかを選択できる。もちろん、シャドウベイユニットを1つ除去して、そこに別の5インチベイユニットを装着するという選択もできるのだ。

上から下まで5インチベイのように見えるが、5インチベイとして使えるのは上から3段目まで。そこから下はすべてシャドウベイで占められている。シャドウベイを取り払ってしまえば、前から後ろまで一直線に風が吹き抜ける設計だ

トップパネルの凝った作りのため、ケース内部のシャーシの天井部分とはかなりのギャップがある。COSMOS IIと同様に拡張ボードを潰さずにブラケットを装着できる縦型のスロット状スペースを1本備える

ドライブベイの左サイドに90mmファンが2基取り付けられている。ベイの前後にファンが取り付けられているケースならよく見かけるが、側面に配置されているのは非常に珍しい。工場出荷状態では、左サイドから右サイドへファンの風が吹き抜けるセッティングになっている

3.5インチのドライブベイは引き出せるだけでなく、向きを90度または180度回転させて固定することも可能だ。この製品には明確なフロントファンというものがないが、このシャドウベイの向きを変えることでフロントファンとして活用できるようになっているのだ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中