このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

まさかの異業種対決!

DiRT SHOWDOWNでGT500の松田次生選手と激突!

2012年07月26日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイナルバトルを制したのは……?
GT500ドライバーか、GT300おっかけ記者か?

 そして3本勝負のファイナルバトル(いつの間に3本勝負に!?)。コードマスターズ・浅海さんの提案で、ゲームモードはRAMPAGEで。これはスタジアム内で、どんな手段を使ってもいいからライバルたちを蹴散らすというルール無用のデスマッチだ。ライバルにぶつけるとポイントが溜まり、そのスコアを競うモードである。クルマには体力のようなものがあり、これをゼロにすると完全破壊で高得点がもらえる。当然、自分も破壊される危険性があるが。動けなくなっても、一定時間すれば復帰できるので、時間が許す限り破壊しまくれ!

このモードは、ドライビングテクニックは関係ナシ! どれだけ破壊できるかだ。お互い無言&ムキになってガンガンぶつけてポイントを稼ぐ

 もはや一般的な自動車レースではないので、松田選手も苦戦するかと思いきや……。いつのまにか、ハイスコアを記録して1位になっている。筆者はハイスコア狙いの突撃ばっかりしていたので、何回もかわされてまた戻って……を繰り返し、イマイチスコアが伸びていない。ここで作戦を変更し、なるべく空振りを避けてチマチマとポイントゲットを目指すことにした。そのおかげで、スコアは松田選手に徐々に追いつき、ついにCPUを廃車に追い込んで大量ポイントゲットで逆転をした。もうこの時点で残り1分を切っていたので逃げ切ったと思った瞬間、松田選手の渾身の体当たりでCPUが廃車、大量ポイントが松田選手に流れ込みハイスコアに……。まさかの大逆転であった。

よーしよし! 昔、ディストラクションダービーで鍛えた腕前を披露だぜ! このままいけば勝てる、そう思ってた時期が(略

最後の最後、残り数秒というタイミングで松田選手がライバルカーを大破させ、大量得点をゲット。まさかの逆転劇に……

 GT500ドライバー vs GT300追っかけ記者の対決は、2対1で松田選手に軍配があがった。勝つ気マンマンで来た筆者は、勝ったという記事を作る予定だった電撃オンラインの編集者に怒られ、ゲーマーのプライドがボロボロになりながら帰路についたのだった。このカタキは、谷口選手か片岡選手か、番場選手か佐々木選手がとってくれるに違いない!(たぶん)

ぐう……ううう……。こんなはずでは、こんなはずではーーー!

思わず松田選手に「もう1回やらせてください!」と土下座。しかし、「このあと愛車GT-Rの点検があるから」と帰ってしまった。勝ち逃げだー!

 今回は2人での対戦だったけど、オンラインだったら最大8人まで同時に遊ぶことができるので、みんなでワイワイと遊ぶにはもってこいのパーティーゲームだ。ムキになる人同士でやると、今回の対戦のように無口になって微妙な空気になってしまうので、細かいことは気にしない人同士で遊んだほうがいいだろう(笑)。普通のレースゲームでは味わえないクルマを破壊する爽快感を、簡単操作で誰でも味わえるので、日頃ストレス社会で心身ともにすり減っている人は、このゲームで発散だ!

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ