このページの本文へ

美肌認知度1位の「コラーゲン」、成分理解率は3%

文●通販通信

2012年07月18日 00時37分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 コラーゲンに関する情報発信を行う「コラ活」実行委員会は7月17日、コラーゲンに対する認識を調査するため、20代~60代の女性1000人を対象に「美容に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、91.3%の女性がスキンケアで最も意識していることとして「毎日化粧水をきちんとつける」と回答するなど、基本的なケアを毎日行う意識が高いことが分った。しかし、73.1%が「化粧水はたっぷりつけた方がいい」と考えながらも、実際に行っている女性は49.0%にとどまった。

 「自身の肌の悩み」では、1位「しみ・そばかす」(33.1%)、2位「たるみ」(18.3%)、3位「乾燥」(13.8%)。特に「たるみ」はほかの悩みに比べ、年齢とともに回答者が増える傾向にあった。

 「美肌と聞いて思い浮かぶ成分」は、1位「コラーゲン」(46.5%)、2位「ヒアルロン酸」(27.8%)、3位「ビタミン類」(12.4%)。しかし、コラーゲンに対する正しい知識を問う質問に正しく回答できた女性は各設問3%~6%程度で、コラーゲンを正しく理解している女性がほとんどいないことも分った。

 調査期間は6月23日~24日、調査方法はインターネット調査。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く