このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

F1.4レンズ搭載! LUMIXに高級コンパクトモデル登場

2012年07月25日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

光学24倍全域でF2.8の明るさを実現した「FZ200」

「DMC-FZ200」
「DMC-FZ200」

 高倍率ズーム機のハイアマチュアモデルとなる「DMC-FZ200」(8月23日発売予定、予想実売価格6万5000円前後)は、全域でF2.8の明るさを実現する「LEICA DC VARIO-ELMARIT」レンズを搭載。光学ズームは24倍(超解像ズームとの組み合わせで48倍)となる。

 レンズが明るいため、望遠時でもシャッター速度を落とさなくて済み、動いている被写体をきっちりと止めて撮影できる。連写速度はAF追従で秒間5.5コマ、追従なしで秒間12コマという高速連写が可能だ。

 加えて、撮像素子には高感度タイプの1/2.3型MOSセンサー(1200万画素)を搭載。感度はISO 6400まで設定できる。さらに、秒間最大480コマのハイスピード動画撮影にも対応する(MP4記録)。

DMC-FZ200

 背面には3型(46万画素)のバリアングル液晶モニターを装備するが、加えて131.2万画素の高精細なEVFも内蔵。細部などもきっちり確認できる。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン