このページの本文へ

カスタマイズ次第でワンランク上の性能を実現!

低価格でもしっかり使えるデスクトップ「Endeavor TY5100S」

2012年07月30日 17時30分更新

文● 山口 優 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3Dゲームも楽しめるハイパフォーマンス

 クアッドコアの第3世代Core i7とオプションのビデオボードを搭載しているだけあって、本機のパフォーマンスは非常に高い。そこで、具体的な性能をチェックするため、ベンチマークテストを数種類実施してみた。

 まず、OS標準のWindows エクスペリエンス インデックスでは、プロセッサが7.7、メモリが7.8という、最高値7.9に迫るスコアを記録。またグラフィックスとゲーム用グラフィックスがともに7.2という結果になった。また試用機の場合、ストレージとして読み書きの高速な128GB SSDが搭載されていたため(セカンダリとして500GB HDDを搭載)、プライマリハードディスクは最高値の7.9に達している。

Windows エクスペリエンス インデックスでは、一番低いスコアでも7.2。平均的に高いパフォーマンスを備えている

 続いてPCMark7では、以下の通りになった。

PCMark7スコア
PCMark score 4870
Lightweight
score
4085
Productivity
score
4195
Creativity
score
4965
Entertainment
score
4298
Computation
score
3586
System storage
score
5201

 PCMark scoreのディテールを見ると、以下のようにストレージ性能を測るSystem storageの数値がHDDを採用した一般的なPCに比べてかなり高い。データ読み書きの高速なSSDの恩恵が感じられる結果だ。また、Graphics - DirectX 9の数値も良好。これは専用GPUを搭載していることによるものだろう。

全体のスコアを眺めてみると、とくにストレージ性能が高い。またEntertainment scoreの結果もよく、全般的に性能が高いことを証明している

PCMark7スコアのおもなPCMark scoreディテール項目
PCMark score 4870
Video playback and transcoding
/ Video playback
23.01fps
Video playback and transcoding
/ Video transcoding - downscaling
6375.30kB.s
System storage - gaming
/ System storage - gaming
15.99MB/s
Graphics - DirectX 9
/ Graphics - DirectX 9
64.35fps
Image manipulation
/ Image manipulation
10.52Mpx/s
System storage
- importing pictures
27.73MB/s
Web browsing and decrypting
/ Web browsing
19.67pages/s
Web browsing and decrypting
/ Data decrypting
104.03MB/s
System storage
- Windows Defender
5.36MB/s

 一方、CINEBENCH R11.5でテストしてみたところ、CPUのスコアは7.14ptsとなった。動作周波数が同等となる3.4GHzのSandy Bridge世代のCore i7-2600が6.9pts前後なので、それと比べても若干パフォーマンスが向上している。また「モンスターハンター フロンティア オンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】」を使って実際のゲーム時の快適さをチェックしてみたところ、解像度1280×768ドットの設定で「8613」というスコアを記録。最新の3Dゲームでも、多くのタイトルをストレスなく快適に遊べる水準だ。

CINEBENCH R11.5の計測結果は7.14ptsをマーク。テスト画像も軽快に描画され、パワフルなCPUであることが確認できる

モンスターハンター フロンティア オンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】のスコアは8000オーバー。デモの動作も非常に滑らかだった

 参考までに、3DMark 11でもベンチマークをとってみたところ、スコアはP2426となった。ハイエンドカードに比べれば見劣りのする結果だが、CPU内蔵のインテルHD Graphics 4000の3倍前後の数値は出ているので通常の用途には十分すぎるだろう。

3DMark 11ではインテルHD Graphics 4000の3倍前後のスコアを記録した。ミドルレンジとはいえ、高いパフォーマンスを発揮

3DMark 11

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中