このページの本文へ

スキンケア用品の切替え、「きっかけはサンプル品」が半数

文●通販通信

2012年07月11日 00時45分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ポイント交換サービス「Gポイント」を運営するジー・プランは7月10日、会員を対象にスキンケアに対する意識調査「第1回 スキンケアについて」を行い、その結果を発表した

調査結果によると、Gポイント女性会員の70%が「スキンケアに関心あり」と回答した。また、スキンケア用品の購入場所は「ネット通販」「ドラッグストア」の利用が多く、比較的単価の高い「美容液」「クリーム」については、「ネット通販」の利用が最も多かった。

スキンケア商品を切替えるきっかけは「トライアル商品やサンプルを使用してよかったとき」が半数以上。トライアル商品やサンプル商品使用後、約90%の会員が本商品購入を検討していることも分かった。

調査期間は4月~5月。調査方法はWEBアンケート。調査対象は女性Gポイント会員で、有効回答数は1万1639人。

■「第1回 スキンケアについて 調査結果」(http://www.gpoint.co.jp/company/pdf/press_vol102.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く