このページの本文へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第15回

「VAIO Z」春夏モデルの性能をベンチマークで調査!

2012年07月09日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クアッドコアCPUがラインナップに登場!
ゲームもサクサクだ

 VAIO Zの夏モデルでは、CPUがSandy Bridge世代からIvy Bridge世代の製品に変更されている。それにともなって、チップセットがMobile Intel HM67 ExpressからMobile Intel HM77 Expressに変更された。

 店頭モデル「SVZ13119FJB」では、CPUはCore i5-3210M(2.5GHz)のみだが、BTOによるカスタマイズが可能なVAIOオーナーメードモデル「SVZ1311AJ」では、Core i7-3612QM(2.1GHz)/i7-3520M(2.90GHz)/Core i5-3320M(2.60GHz)/Core i5-3210M(2.50GHz)/Core i3-3110M(2.40GHz)の5種類から選択できる。

 ちなみに、春モデルでもBTOメニューとして5種類のCPUが用意されていた。それぞれのラインナップの違いは、以下の表をご覧いただきたい。

VAIOオーナーメードモデル「SVZ1311AJ」
(夏モデル)で搭載可能なCPU
名称 i7-3612QM i7-3520M i5-3320M i5-3210M i3-3110M
動作周波数 2.1GHz 2.90GHz 2.60GHz 2.50GHz 2.40GHz
コア数 4 2
スレッド数 8 4
キャッシュ 6MB 4MB 3MB
内蔵GPU Intel HD Graphics 4000
ターボブースト ×
ハイパースレッディング
VAIOオーナーメードモデル「VPCZ23AJ」
(春モデル)で搭載可能なCPU
名称 i7-2640M i5-2540M i5-2520M i5-2450M i3-2350M
動作周波数 2.80GHz 2.60GHz 2.50GHz 2.50GHz 2.30GHz
コア数 2
スレッド数 4
キャッシュ 4MB 3MB 4MB 5MB
内蔵GPU Intel HD Graphics 3000
ターボブースト ×
ハイパースレッディング

 ハイエンドのCore i7とミドルクラスのCore i5、エントリーのCore i3という基本的な構成は変わっていない。だが、夏モデルではより上位のCPUとして通常版クアッドコアのCore i7-3612QMが追加されている。VAIO Zで画像の加工や動画編集を行なうなら、より高速な処理が可能になるCore i7-3612QMを選ぶべきだろう。動画のエンコードでも威力を発揮するハズだ。

 また、Ivy BridgeとSandy Bridgeの大きな違いは、内蔵GPUがIntel HD Graphics 3000からIntel HD Graphics 4000に変わったことだ。インテルの発表によると、Intel HD Graphics 4000ではグラフィックス性能のパフォーマンスが旧世代に比べて最大2倍向上するとのこと。体感的にそこまでの違いを得られることはないが、ゲームグラフィックスの面では大きくパワーアップしている。

 Power Media Dockに搭載されている外付けGPUも、AMD Radeon HD 6650MからAMD Radeon HD 7670Mに変更された。正確には名称が変更されただけなのだが、デバイスドライバーのアップデートによりパフォーマンスが向上している。

 さらに夏モデルでは、バッテリー性能も向上している。春モデルではカタログ値で最大9時間とされていたが、夏モデルでは9.5時間と30分程度長くなった。少しでも長く使えるのはうれしいことだ。

ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中