このページの本文へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト 第15回

「VAIO Z」春夏モデルの性能をベンチマークで調査!

2012年07月09日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマークソフトで夏モデル/春モデルを比較!

 続いては、VAIO Z夏モデルと春モデルのベンチマーク結果を比較してみよう。それぞれの試用機のスペックは以下のとおり。それぞれ細々とスペックが異なるので正確な比較とはいえないため、あくまでも指針のひとつとしてご覧いただきたい。

VAIO Z夏モデル/春モデルの主なスペック
製品名 VAIO Z(夏モデル) VAIO Z(春モデル)
型番 SVZ1311AJ VPCZ23AJ
CPU Intel Core i7-3612QM(2.1GHz、4コア) Intel Core i7-2640M(2.8GHz、2コア)
チップセット Mobile Intel HM77 Express Mobile Intel HM67 Express
メインメモリー 8GB
ディスプレー
(最大解像度)
13.1型ワイド(1920×1080ドット/Adobe RGBカバー率96%/LEDバックライト) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)、AMD Radeon 7670M(1GB、Power Media Dock接続時) Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)、AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)
ストレージ 第3世代SSD RAID 512GB(256GB×2) 第3世代SSD RAID 256GB(128GB×2)

「Windows エクスペリエンスインデックス」

 まずは、Windows 7の快適さを表わす指針「Windows エクスペリエンスインデックス」のスコアから。

夏モデル「SVZ1311AJ」本体のみの「Windowsエクスペリエンスインデックス」のスコア

春モデル「VPCZ23AJ」本体のみの「Windowsエクスペリエンスインデックス」のスコア

 「プライマリーハードディスク」を除いて、すべての数値が向上しているのが分かるだろう。「CPU」は「7.2」から「7.5」に、「メモリ」は「7.5」から「7.7」へ上昇。これは、クアッドコアCPUや新チップセットの性能が影響しているものと思われる。

 「グラフィックス」と「ゲームグラフィックス」については、「6.4」から「6.5」と微増しただけのように見える。しかしこれはあくまでも「Windows エクスペリエンスインデックス」における数値で、後述するほかのベンチマークでは大きな差がついている。

 なお、Power Media Dockを接続すると「グラフィックス」と「ゲームグラフィックス」は「6.8」へと上昇するが、これは春モデルとまったく同じ結果だ。

「3DMark Vantage」

 マシンの3D性能を計測する「3DMark Vantage」では、夏モデルが春モデルを大きく上回る結果となった。注目したいのは、夏モデルの本体のみのスコアが、春モデルのPower Media Dock接続時を上回っている点。春モデルの場合、本体のみでは計測できなかったため数値が出ていないが、大きく向上していると思われる。CPU性能の差が影響しており、夏モデルのマシンパワーが圧倒的であることが分かる。

春モデルと夏モデルの「3DMark Vantage」のベンチマーク比較

ソニーストア

ソニーストア

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中