このページの本文へ

11年EC決済代行市場、16%増の7兆3313億円

文●通販通信

2012年07月03日 00時35分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 矢野経済研究所は7月2日、「EC決済代行サービス市場に関する調査」を行い、その結果を発表した。

 調査結果によると、2011年度のEC決済代行サービス市場は、前年度比16.8%増の7兆3313億円(取扱高ベース)と推計。決済手段では、クレジットカード決済が主流となっている。また、EC市場では今後、スマートフォンを経由したコマースが増加し、加えてNFC(国際標準規格として承認されている近距離無線通信技術)を利用したさまざまな決済サービスの開発が期待され、EC市場の拡大に寄与すると分析した。

 市場予測として、EC決済代行サービス市場は、EC市場の拡大を背景に2016年度には約12.6兆円まで拡大すると予測。EC市場の拡大要因としては、スマートフォンを経由したコマースの拡大やソーシャルコマースの普及、リアル店舗とECの垣根がなくなるなどがあげられるとした。

 調査期間は1月~3月。調査対象はEC決済代行業者、各決済サービス提供事業者、移動体通信事業者、NFC関連事業者など。調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用。

 ■「調査結果」(http://www.yano.co.jp/press/press.php/000958

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く