このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

いま買って後悔しない、ウルトラブックはこれだ 第3回

2012年夏版 ウルトラブック(Ultrabook)ほぼ全機種カタログ(後編)

個性派ウルトラブック連続発売で俺の財布も最軽量

2012年07月05日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウルトラブック最大のライバル!? 新CPU搭載でより快適に
Apple 新MacBook Air

MacBook Air

 Apple「MacBook Air」は、製品名は変わらないものの、2011年に薄型・軽量・低価格を謳ってMac OSのシェアを拡大したともいわれている前モデルから、CPUがIvy Bridge世代となってより快適になった新モデルだ。もちろんここで紹介しているウルトラブックには当てはまらないが、ウルトラブックを選ぶにあたって意識せざるを得ないモバイルノートPCだ。

 そんな新MacBook Airだが、「11インチ」モデルが11.6型ワイド(1366×768ドット)で、「13インチ」モデルが13.3型ワイド(1440×900ドット)という2ライン展開は従来どおり。11インチモデルがCPUにCore i5(1.7GHz)、13インチモデルにCore i5(1.8GHz)が採用される。いずれもIvy Bridge世代とされているが、CPUのモデルナンバーは明確にされていない(推測は容易だが)。

 また、各モデルにはメインストレージであるSSDのサイズが2種ずつ用意され、最終的に4モデルが提供されることとなる。

 両モデルとも、エッジの効いたくさび形の筐体はアルミ削り出しで、剛性を確保するとともに軽量化に貢献する。11インチモデルが1.08kg、13インチモデルが1.35kgと、同クラスの多くのウルトラブックと比較しても軽量である。

 バッテリー駆動時間は、11インチモデルが最大5時間、13インチモデルが最大7時間。さらにいずれもスリープ状態で30日はバッテリが保持されるとされている。

 搭載されるUSBポートはすべてUSB 3.0対応となったが、従来どおりThunderboltポートも搭載する。13インチモデルにはSDカードスロットが搭載されるが、有線LANポートなどは搭載されない潔さである。こういった簡素さも支持される要因の1つなのかもしれない。

 価格は11インチモデル・64GB SSDが8万4800円から。低価格さも大きな魅力。ウルトラブックの購入対抗馬としてネックとなるのはOS。これまでWindows一本槍だった人がMac OSへ移行し、使いこなすまで慣れるのにはある程度の時間が必要となるだろう。もっとも、Boot Campを利用してWindowsをインストールすれば問題は解決するのだが。

MacBook Air
型番 11インチ:64GB 11インチ:128GB 13インチ:128GB 13インチ:256GB
CPU Core i5(1.7GHz) Core i5(1.8GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 11.6型 1366×768ドット 13.3型 1440×900ドット
ストレージ SSD 64GB SSD 128GB SSD 128GB SSD 256GB
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB3.0×2、Thunderbolt USB3.0×2、Thunderbolt、SDカードスロット
サイズ 幅300×奥行き192×高さ3~17mm 幅325×奥行き277×高さ3~17mm
質量 1.08kg 1.35kg
バッテリー駆動時間 約5時間 約7時間
OS OS X Lion
価格 8万4800円 9万4800円 10万2800円 12万8800円

超極微細画面が最大の魅力
Apple MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

 Apple「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」も、カテゴリとしてはウルトラブックには該当しない製品。しかし、そのスペックは、購入にあたって比較対象になる可能性もある。

 「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」最大の魅力は、15.4型液晶で2880×1800ドットという超高解像度を実現した「Retinaディスプレイ」。実際に目にするとその解像度は従来のPCとは比較にならないほどの高精細だ。

 Core i7(2.3GHz)と、Core i7(2.6GHz)の2モデル展開で、前者のSSDは256GB、後者は512GBとなる。注目すべきは筐体サイズで、最厚部でも約18mmと、ウルトラブックに匹敵する薄さ。重量は2.02kgとやや重めだが、バッテリー駆動時間は約7時間と、モバイルで活用できないことは決してない。

 ただ価格は各種ウルトラブックとだいぶ格差がある。2.3GHzモデルが18万4800円、2.6GHzモデルが23万8000円。念のための比較対象として参考にしていただきたい。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
型番 15インチ:2.3GHz
Retinaディスプレイ
15インチ:2.6GHz
Retinaディスプレイ
CPU Core i7(2.3GHz) Core i7(2.6GHz)
グラフィックス CPU内蔵+GeForce GT 650M(自動切替)
ディスプレー 15.4型(2880×1800ドット)
ストレージ SSD 256GB SSD 512GB
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB3.0×2、Thunderbolt×2、HDMI、SDXCカードスロット
サイズ 幅358.9×奥行き247.1×高さ18mm
質量 2.02kg
バッテリー駆動時間 約7時間
OS OS X Lion
価格 18万4800円 23万8800円

番外編

 まだ詳細スペックや価格などは発表されていないが、秋以降のノートパソコン購入時にはウルトラブックと比較対象になるであろうデバイスを紹介しておこう。

ついに自社でPC開発!
マイクロソフト Surface Windows 8 Proモデル

Surface Windows 8 Proモデル

 マイクロソフト「Surface Windows 8 Proモデル」は、同社が2012年秋に発売する予定のタブレット端末。これまでOSやアプリケーションの開発に注力してきたマイクロソフトが、ハードウェアを自社ブランドとして発売する。

 ARM CPUを搭載し、OSにWindows RTを採用したモデルと、Intel Core iプロセッサを搭載し、OSにWindows 8を搭載したモデルが発売されるようだ。

 ディスプレーサイズは10.6型。本体の厚さは9.3mmで、基本的はタッチスクリーンで操作するタブレットだが、キーボードカバーにハードウェアキーボードが内蔵され、この組み合わせではウルトラブックに匹敵するデバイスとなりそうだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画