このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま買って後悔しない、ウルトラブックはこれだ

2012年夏版 ウルトラブック(Ultrabook)ほぼ全機種カタログ(前編)

第2世代ウルトラブックが正当進化を遂げてお買い得に

2012年07月04日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は2012年夏のウルトラブックの傾向と対策について解説したが、今回は国内発売された、もしくは発売予定の夏モデル(ほぼ)すべてをカタログ形式で紹介しよう。まずは春モデルから正当進化した機種が中心だ。

堅牢性を確保した14型モデル
富士通 LIFEBOOK UHシリーズ

LIFEBOOK UH75/H

 富士通「LIFEBOOK UHは、14型液晶を搭載した「UH75/H」と13.3型液晶を搭載した「UH55/H」の2ライン展開。

 「UH75/H」は、13型筐体に14型液晶を搭載したコンパクトな製品で、HDD搭載モデルとしては最薄となる15.6mm(最厚部)を実現した。重量は1.44kg、バッテリー駆動時間も約9.1時間と満足のいくスペックだ。また、筐体に天板・底面にマグネシウム合金を採用した「超圧縮グリッド構造」を採用したことで、約200kgfの加圧に耐える堅牢性も備える。

 一方の「UH55/H」は、CPU、厚さや重量、バッテリー駆動時間などの面で「UH75/H」より若干低スペックとなるが、価格的にもエントリー向けウルトラブックとして魅力の1台だ。

富士通 LIFEBOOK UHシリーズ
型番 UH75/H UH55/H
CPU Core i5-3317U(1.7GHz) Core i3-2367M超低電圧版(1.4GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 14型(1366×768ドット) 13.3型(1366×768ドット)
ストレージ 約500GB HDD+高速処理用SSD 約320GB HDD+高速処理用SSD
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n、WiMAX
インターフェース USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、有線LANポートなど USB 3.0×2、USB 2.0、HDMIなど
サイズ 約幅327×奥行き225×高さ9~15.6mm 約幅323×奥行き234×高さ18mm
質量 約1.44kg 約1.6kg
バッテリー駆動時間 約9.1時間 約6.5時間
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
実売価格 13万円前後 11万円前後

フルフラットボディのエントリーマシン
ソニー VAIO Tシリーズ

VAIO Tシリーズ 11

 ソニー「VAIO T」は、11.6型液晶を搭載した「VAIO T シリーズ11」と、13.3型ワイド液晶を搭載した「VAIO T シリーズ13」の2モデルがラインナップされるが、液晶サイズ、本体サイズ・重量以外は同一スペックとなる。

 ストレージにはSSDとHDDを搭載し、起動やデータアクセスが高速化されている。また「Rapid Wake+ECO」機能により、スリープ時の消費電力が低減されるとともに、スリープ/レジュームが高速になる。

 筐体は約17.8mmのフルフラット設計で、アルミヘアライン加工が高級感を醸し出す。本体カラーはアルミの質感を活かしたシルバーのみとなる。

 VAIO Tは、かつてラインナップされ人気を博した「VAIO Type T」シリーズを連想させるが、特にシリーズ11は、コンパクトなサイズと適度な重量がモバイルに最適。価格的にも他のVAIOモバイルノートPCより廉価で、ウルトラブックエントリーモデルとしてType T同様人気を獲得しそうだ。

ソニー VAIO Tシリーズ
モデル VAIO T シリーズ 13 VAIO T シリーズ 11
CPU Core i5-3317U(1.7GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 13.3型(1366×768ドット) 11.6型(1366×768ドット)
ストレージ SSD 32GB+HDD 500GB
無線通信機能 IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0、USB 2.0、アナログRGB、HDMI、メモリーカード(SD/SDHC/SDXC、メモリースティックデュオ)、有線LANポートなど
サイズ 約幅323×奥行き226×高さ17.8mm 約幅297×奥行き214.5×高さ17.8mm
質量 約1.6kg 約1.42kg
バッテリー駆動時間 約6.5時間
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
実売価格 12万円前後 11万円前後

柔らかなデザインと低価格が魅力の1台
レノボ IdeaPad U310

IdeaPad U310

 レノボ「IdeaPad U310」は、やや丸みを帯びたデザインが意外に目を引くウルトラブック。天板と底面はアルミ合金製で、3色のカラーバリエーションが用意される。特に「チェリーブロッサムピンク」「アクアブルー」の筐体色は女性の人気を集めそう。厚みは約18mm、重量は1.68kgと女性モバイラーでも負担は大きくない。

 ソフトな概観ではあるが、機能的にはもちろん充実。CPUはCore i5-3317U(1.7GHz)、ディスプレーサイズは13.3型、SSD+HDD搭載で起動やスリープ/レジュームが高速。

 また、「スマート・タッチ・センサー」を内蔵したタッチパッドは、ピンチイン・アウトなど2本指のマルチタッチ操作を可能にするほか、手のひらなどと指とを判別して誤動作を防ぐ機能を搭載する。価格も8万円前後と低価格。コストパフォーマンスの高い1台といえるだろう。

レノボ IdeaPad U310
型番 IdeaPad U310
CPU Core i5-3317U(1.7GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 13.3型(1366×768ドット)
ストレージ SSD 32GB+HDD 500GB
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、有線LANポートなど
サイズ 約幅333×奥行き225×高さ18mm
質量 約1.68kg
バッテリー駆動時間 約6.2時間
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
実売価格 8万円前後

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
ASCII.jp特別企画

Ultrabook、スマホ、白物家電、SSD…気になる製品の最新情報をお届け。夏のボーナスで買うべき製品はコレだ!

夏のボーナス活用企画2012

Twitter Facebook