このページの本文へ

「Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービス Video Conferencing」

NTT Com、Arcstarにスマホ対応のクラウド型ビデオ会議

2012年06月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月28日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、スマートフォンやタブレット端末にも対応するビデオ会議サービス「Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービス Video Conferencing(ビデオ会議)」を発表した。

本サービスの利用シーン

 本サービスの正式名は「Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービス Conferencing プラン Video Conferencing」。専用の設備や端末は不要で、社内ネットワークや3G回線など経由でインターネットに接続して専用のサイトにログインすれば利用可能なクラウド型サービスだ。

 PCに加え、iOSおよびAndroid搭載のスマートフォン、タブレット端末で利用できるため、出張先からの会議参加、遠隔からの店舗管理や医療相談、コンサルティング、製造現場の技術指導など、さまざまな場面で映像コミュニケーションが行なえる。PCからであれば、資料共有も可能だ。

 初期費用が、基本費用5万2500円とユーザーID登録が1050円/ID。月額費用はユーザーID1つあたり3780円など。

サービス料金

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ