このページの本文へ

2ベイタイプの「TS-269 Pro」、8ベイの「TS-869 Pro」など4製品

QNAP、2~8ドライブ対応のSMB/SOHOユーザー向けNAS

2012年06月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月25日、テックウインドはQNAP Turbo NASのSMB/SOHOユーザー向けミドルレンジモデル「TS-X69 Proシリーズ」4製品を発表した。

3.5インチHDDを8台搭載可能な「TS-869 Pro」

 発表されたのは2ベイタイプの「TS-269 Pro」、4ベイの「TS-469-Pro」、6ベイの「TS-669 Pro」、8ベイの「TS-869 Pro」で、CPUにインテルの「Atom D2700」を採用する。従来のミドルレンジ製品からアクセスパフォーマンスが向上しており、読み込み/書き込みともに約220MB/sの高速アクセスを実現するという。リーズナブルでありながら堅牢性の高い設計のため、デジタルデータの保存・運用というシステム管理者にとっての大きな課題に対しての最適な選択肢になるとしている。

 WindowsやMac、Linux/UNIX対応のNASとして使えるほか、iSCSIストレージとしても機能する。VMware Ready認証およびCitrix Ready認証を取得済みで、iSCSI LUNのスナップショット機能も内蔵する。

2ドライブモデルの「TS-269 PRO」

 静粛性や省電力性にも配慮した設計となっており、主力製品TS-469 Proの消費電力で、スタンバイ時25W/アクセス時43Wを実現。一般的な1Uサーバーから置き換えるだけで、およそ5分の1に消費電力を抑制可能という。

 価格は、各製品ともオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ