このページの本文へ

新型MacBook Pro Retinaってどうよ? 社内で聞いてみた

2012年06月24日 10時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「目が痛くてもドット バイ ドット、
2880×1800ドットで使いたい」

 そんな感じでASCII.jp編集部でMacBook Pro Retinaディスプレイモデルについてだらだらと語っていると、美和副編集長と、ライターの後藤宏さんも寄ってきた。

2880×1800ドットで使えないと知ってゲンナリする美和副編集長

美和 ん、これってRetinaモデル?

── そうですよ。どう見ても画面がきれいじゃないですか?

美和 ………なんか解像度が低くない? 2880×1800ドットの解像度に変えてみてよ。

── ん? OS Xだと基本は1440×900ドットの推定解像度ですよ。最大で1920×1200ドットまで広げられます。

美和 ええー! 2880×1800ドットにして、見えないぐらいに細かいのがいいんじゃないか。

── いやそれ、目が痛くなりますって。

美和 じゃあ現状、2880×1800ドットはOS Xで表示できないの?

── 一応、オンラインソフトでドット バイ ドット表示(液晶の1ドットでデスクトップの1ドットを表示)にするとできますよ。

オンラインソフトを使って、OS X上で2880×1800ドット表示にしてみたところ(ドット バイ ドット)。細かすぎて目が痛くなる。ドット バイ ドット化についての詳細は別記事にてお伝えしよう(クリックで2880×1800ドットの画像が開きます)

標準の1440×900ドット(サムネイルをクリックすると2880×1800ドットの画像が開きます)

1920×1200ドット。「サイズ調整した解像度を使用するとパフォーマンスに影響する場合があります」と警告される(サムネイルをクリックすると3840×2400ドットの画像が開きます)

1024×640ドット(サムネイルをクリックすると2048×1280ドットの画像が開きます)


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中