このページの本文へ

これぞ究極のエコ! メモをスマホに取り込めるデジタル文房具

2012年06月15日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手書きのメモや書類を撮影してスマートフォンに取り込める“スマホ文具”こと「ESB-MS」シリーズのサンプル品がパソコンハウス東映に入荷している。メーカーのエレコムからはサイズや素材の違いでかなりのラインナップがリリースされているが、今回店頭に入荷したのはハードタイプのA5サイズ「ESB-MSA5」。同店における予価は1470円だ。

ノートや書類の上からかぶせるだけでデジタルデータ化してくれるエレコム製のマーカーシートがパソコンハウス東映に入荷。近日中に販売開始予定だ

 「ESB-MS」シリーズは、書類に載せてスマートフォンで撮影することで、記載された内容を簡単にデジタルデータ化できるマーカーシート。書類撮影時には専用アプリ「SMAFO BUNGU - sheet」を組み合わせる仕組みで、アプリ側が自動でゆがみや傾きを補正してくれる。同様のデジタル文具としてはキングジムの「ショットノート」などが知られているが、この製品は消耗することなく繰り返し使用できるのが特徴となる。

 データを取り込む際は四隅にあるマーカーを目安に書類やノートの上からシートをかぶせ、アプリを起動して撮影する。専用ノートが不要なため、自分のお気に入りのノートや新聞、雑誌など幅広いソースに対応できる。付属する振り分けマーカーを合わせて使用することで、撮影データの自動分類も可能。さらにアプリ上からは「EVERNOTE」や「Dropbox」などのクラウドサービスへ直接アップロードすることもできるなど、使い勝手もはなかなかよい。

四隅のマーカーに合わせて撮影するだけの定番仕様。上部の数字に付属の振り分けマーカーでマーキングすることで自動分類に対応する

 メーカーからは大きく分けてハードタイプとソフトタイプの2製品がアナウンスされているものの、ショップによれば「ハードタイプの数モデルのみ入荷予定」とのこと。近日中に店頭に登場する予定となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン