このページの本文へ

無線LANで最大600Mbps! 「11ac」を先取りしたAPが登場

2012年06月15日 10時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
セットモデルの「WZR-D1100H/E」。左が親機で右が子機。ほとんど変わらないが前面インジケータが若干異なる セットモデルの「WZR-D1100H/E」。左が親機で右が子機。ほとんど変わらないが前面インジケータが若干異なる

 バッファローから、理論値で最大600Mbps(5GHz帯)の高速通信が可能な無線LAN技術「11ac」を採用した無線LAN親機「WZR-D1100H」と子機「WLI-H4-D600」、および両者のセットモデル「WZR-D1100H/E」の3製品が発表された。

 発売時期と希望小売価格は、WZR-D1100Hが7月上旬発売で1万7800円、WLI-H4-D600が7月上旬発売で1万6800円、WZR-D1100H/Eが7月下旬発売で3万1700円となる。

 11acは次世代無線LAN規格である「IEEE 802.11ac」で採用される見込みの高速化技術。本製品では11ac技術の変調信号の多値化により、従来のIEEE 802.11nで64-QAMだったデジタル変調方式を256-QAMとすることで、6bit変調から8bit変調となり、この結果伝送能力を約1.33倍高速化できる。

 親機・子機ともに1000Base-TXの有線LANポートを4つ搭載。従来の無線LAN(IEEE 802.11a/b/n/g)規格にも対応するほか、親機は「AOSS2」による簡単セットアップが可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン