このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホもいいけど専用機もね!? 異国で電子辞書に救われた話

2012年06月27日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マレーシアの象徴「ペトロナスツインタワー」の前で1枚。この後、予期せぬ事態が……
マレーシアの象徴「ペトロナスツインタワー」の前で1枚。この後、予期せぬ事態が……

 シャープから、「Brain PW-AC11」(実売価格2万円前後)という電子辞書が6月22日に発売された。「スマホスマホと騒がれているこのご時世に電子辞書なんて……」と、思われるかもしれないが、実際にPW-AC11で危機を脱した編集部員がいたりする。その顛末をお伝えしよう。

 編集部の末岡が、「SUPER GTセパン戦」の取材のために海外出張に旅立ったのは6月上旬のこと。旅立つ前日「マレーシア行くんですよ~、メシが美味しいらしんですよ~、考えただけでヨダレが~」などとうれしそうに語っていたので、たまたま手元にあったPW-AC11を見せて「向こうでこれ使ってみてくださいよ」と提案してみた。

幅71×奥行128×高さ21.5(最薄部14.4)mmというコンパクトサイズの「PW-AC11」。スタイラスペンが付属する。カラバリはバイオレット以外にピンクがある ちなみに、「PW-AC21」という姉妹機も同時に発売される。こちらはTOEICテスト対策に特化したモデルだ
幅71×奥行128×高さ21.5(最薄部14.4)mmというコンパクトサイズの「PW-AC11」。スタイラスペンが付属する。カラバリはバイオレット以外にピンクがあるちなみに、「PW-AC21」という姉妹機も同時に発売される。こちらはTOEICテスト対策に特化したモデルだ

 PW-AC11は旅行向けの電子辞書で、2.4型のタッチパネル液晶を搭載しスピーカーを内蔵する。この組み合わせにより、相手に伝えたい言葉を指で示し、かつスピーカーアイコンをタップすればその音声も再生できる。確かに海外旅行にはもってこいの仕様だ。

「旅の指さし会話帳」はシチュエーションから英訳を導き出すことが可能だ 「旅の指さし会話帳」はシチュエーションから英訳を導き出すことが可能だ

 本体には英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語の7ヵ国語に対応する17冊分の旅行会話ガイドを収録。加えて、タイ、インドネシア、ブラジルなど10ヵ国で使える「旅の指さし会話帳」なるコンテンツも収録されている。マレーシア語は収録されていないようだが、マレーシアでは英語も結構使われているようなので大丈夫(かな?)

 単4形アルカリ乾電池×2で約120時間駆動できるので、スマホのようにこまめに充電しなくても1週間ぐらいは持つ。旅行前に電池を替えておけば、緊急時に「バッテリーがない!」といったこともないだろう。

 まあ、ある意味“保険”としてPW-AC11を渡し、意気揚々と編集部を後にする末岡を見送った。

 で、末岡は先日無事に帰国したわけだが、PW-AC11を手に持ちながら開口一番「いや~、これがなかったらヤバかったですよ!」。な、何があったの!?

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン