このページの本文へ

7月登場の「OS X Mountain Lion」、今秋の「iOS 6」概要がついに発表

「WWDC 2012」基調講演レポート(後編)

2012年06月13日 22時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一段と機能強化されるウェブブラウザー
「Mobile Safari」

 iOSのウェブブラウザー「Mobile Safari」も、OS X Mountain Lion同様に機能が強化され、「iCloud」タブが用意される。また、クリッピングした記事をバックエンドでキャッシュしておき、オフラインでいつでも読めるようにする「Offline Reading Lists」など、オンライン/オフラインを使い分ける機能も実装された。

iOSのウェブブラウザー「Mobile Safari」の新機能のひとつ、「iCloudタブ」。OS X Mountain Lionの機能と同様のものだ

「Offline Reading Lists」は気に入った記事をクリッピングしておくと、データはバックグラウンドで読み込まれてキャッシングされる。あとでオフラインの状態で読める状態になるのだ

ウェブサービスごとの専用アプリ活用につながる
「Smart Banner」

 さらに、今までなぜできなかったのか不思議だった「ウェブサービスへの画像の直接アップロード」もウェブブラウザー経由で可能になった。「Smart Banner」という機能では、特定のウェブサービスへとアクセスした際に、そのサービスが専用アプリを配布しているなら、その旨を通知するバナーが画面上に表示される。また、Safariは全画面表示モードにも対応しており、フォーストール氏によれば「ランドスケープモードなどで、よりきれいに表示できるサイトがある」と説明している。

今までできなかったのも不思議な話だが、ウェブブラウザー経由で直接写真のアップロードが可能になった

「Smart Banner」は、特定サービスのページにアクセスしたとき、そのサービスが公式アプリを配布している場合に表示される(掲載した写真上部のアイコン周辺)。アプリをインストールしていなければ「View」ボタンが、もしインストール済みであれば「Open」ボタンが表示される

Safariでウェブページの全画面表示が可能に。ランドスケープモードで楽しんでほしいとのこと

「Shared Photo Stream」では、「Photo Stream」(フォトストリーム)で選択した写真を特定の友人と共有可能。写真を共有すると、このように友人の端末にプッシュ通知が表示される

VIP Mailboxでは、特定の人物からのメール着信を「VIP」フォルダーへと振り分け、このメール着信に関してはNotificationsに表示するなど特別扱いされる

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中